NEWS・加藤シゲアキ 小説執筆のために関ジャニ∞・丸山隆平のドラムを取材

アイドルグループ・NEWSの加藤シゲアキが21日、自身の最新小説『オルタネート』(新潮社)の発売記念トークイベントを都内で行った。

3年ぶりの長編小説となる『オルタネート』は、「オルタネート」という高校生限定のマッチングアプリがある世界での少年少女の姿を描く、青春群像物語となっている。

同作のアイデアは小山慶一郎と共に出演している番組『NEWSな2人』(TBS系)のマッチングアプリ特集で得たそうで「マッチングアプリはいろんな意見が生まれる題材だと思ったんです。高校生はまだまだ社会が狭いので、趣味が合う人と会いたい、こんな人と付き合いたいみたいな思いが渦巻いていると思いました」と説明する。

高校生を主人公にしたことに関しては「31歳の頃に書き始めたのですが、30代になると高校の頃が色あせていくなと思ったので、今しか書けないとチャレンジしました」と明かした。作中の登場人物には、ドラマーの子がおり、作中の描写の参考にするため、ドラムセットを所有している関ジャニ∞・丸山隆平に取材したこともあったそうで「『最近、ドラムセットを買ったんだ』という話をしてて。『ちょっと見せてもらっていいですか?』って言って、丸山君のドラムを聴きに行きました」と笑顔。

丸山はこれまでの加藤の著作も読んでいるそうだが、献本は毎回断られるそうで、「プレゼントしようとしたら、『俺は買う』って言って受け取ってくれないので、『今回もう発売になりましたよ』っていう連絡だけさせてもらいました」と話した。

また、今月に所属事務所退所が発表された山下智久に関してコメントを求められると「決して楽ではなく厳しい道を本人が選んだと思いますが、それぞれの人生ですし、心から応援しています」とエールを送った。

12月には、今年6月に手越祐也が脱退しNEWSが新体制になってからは初の配信でのライブ開催とCD発売が予定されているが、そのことについては「コロナやメンバーの変動もあり、4部作のライブの最後をどうしようかと考えていたんです。メンバーとスタッフと話し合って、3人でも待ってくれているファンがいるのであれば作ったものを届けようと決めました」と明かした。