横山秀夫サスペンス「沈黙のアリバイ」放送直前!原作者・横山秀夫&仲村トオルコメント到着!

(C)横山秀夫/集英社・テレビ東京

テレビ東京では上質なサスペンスなどを放送している月曜プレミア8枠にて、10月26日(月)夜8時から「横山秀夫サスペンス 沈黙のアリバイ」(主演:仲村トオル)、11月9日(月)夜8時から「モノクロームの反転」(主演:岸谷五朗)を放送する。原作は本格ミステリーにして警察小説の最高峰との呼び声も高い横山秀夫の連作F県警シリーズの同名小説(『第三の時効』所収)。山梨県警本部の強行犯捜査係を舞台にした“県警史上、最強”と謳われる捜査チームで班長を務める二人の男の生きざまを通して事件の真相に迫る本格警察ドラマだ。

「沈黙のアリバイ」「モノクロームの反転」の2作品を通じて山梨県警捜査第一課強行犯捜査一係・通称“一班”の班長・朽木泰正(くちき・やすまさ)を演じるのは仲村トオル。鋭い洞察力と経験に基づく捜査理論をもとに事件を解決に導き、チームは一番の検挙率を誇る一方、笑顔を一切見せず、″青鬼“の異名を持つ孤高の刑事です。そんな“一班”に対抗心を燃やしつつ、ともに強行犯捜査係を引っ張る、通称“三班”の班長・村瀬恭一(むらせ・きょういち)を演じる 岸谷五朗。朽木とは対照的に本能と直感を武器に捜査を展開する天才肌の刑事。それぞれ主演が両作品に登場する異例の試みで、横山秀夫の描く世界観を余すところなく映像化している。

さらに、両作品に登場する警察関係者には、飯田基祐、内田朝陽、尾上寛之、白石隼也、岩松了、平田満など、演技派のキャストが集結。「沈黙のアリバイ」には、一班に新たに配属される刑事・島津には「陸王」「なつぞら」の好演も記憶に新しい、音尾琢真。強盗殺人の罪で逮捕され、初公判で無罪を主張する湯本には数多くの作品で輝きを放つバイプレイヤー、忍成修吾が登場。

■横山秀夫、「沈黙のアリバイ」主演・仲村トオルよりコメントが到着!
そしてこの度「沈黙のアリバイ」放送を前に原作者の横山秀夫からコメントが到着。そして過去に「18番ホール」(2010年WOWOW)「陰の季節」「刑事の勲章」(2016年TBS)など横山秀夫の原作ドラマ化作品で主演を務めてきた仲村にとって、本作は5作目の横山秀夫主演作品となります。

原作者・横山秀夫のコメント
自作を元にした映像作品を客観的に観るのはなかなか難しいのですが、しかし、これは2作品とも相当おもしろいのではないかと。実録タッチの導入部から、刑事と犯人の人間性がじわじわと立ち上がってくる中盤、そして怒涛のラストまで、まったく目が離せませんでした。仲村トオルさんと岸谷五朗さんの「刑事っぷり」がすこぶる魅力的なのはもちろん、部下の刑事役の方々がどなたも素晴らしかった。さらには円熟の平田満さん。もう言うことなし、です。

「沈黙のアリバイ」主演:仲村トオルのコメント
Q)朽木という男を演じてみての感想や思いをお聞かせください。
A)公私を分けることをせず、刑事というスイッチが24時間、ONになったままの男だと感じました。自らOFFのスイッチは二度と使えないように破壊して、過去の事故に纏わる十字架を背中に絶対にほどけないロープで縛って生きているような人間だと感じました。

Q)岸谷さん演じる村瀬との共演はいかがでしたか?
A)(岸谷さんとは)「ニアミスが多いな」とずっと思っていました。Wikipediaで調べたら、10年前のWOWOW横山秀夫サスペンスだけではなく、何作品も同じタイトルの作品に出演していましたが、一緒のシーンは全くありませんでした。歳も近く、自分が1つ下です。実は住んでいるところも近く、岸谷さんがほぼ毎日走っているという道を僕も頻繁に通っていますが、一度もお会いしたことがありません。この作品をきっかけに、この先、この作品以上にガッツリ御一緒したいです。

Q)横山秀夫さんの作品は過去にもご出演履歴がありますが、本作も含めてどんな印象をお持ちですか?
A)ミステリーでもサスペンスでも、人間が、人生が強い筆圧で書かれている、という印象があります。

Q)今回は「沈黙のアリバイ」「モノクロームの反転」とそれぞれすこし違う形で事件の真相にたどり着いてく2作品となっています。この2作品を楽しみにしている視聴者への見どころやメッセージをお願いいたします。
A)緊急事態宣言があけて、自分としては撮影現場に戻れた喜びもありましたが、とても厳しいスケジュールの中、様々な新しい制約とハードルを乗り越え、スタッフ、キャスト一丸となって完成させた作品です。どんな状況であろうと自分たちの仕事を諦めず、手を抜かず、全力を尽くす、という姿勢は、ドラマの中の捜査一課の人間たちの姿ととても似ていたような気がします。自分も、「笑わない男」朽木を彼と同じように、心の中の歯をくいしばって演じました。多くの人に視ていただきたいです。

【10月26日放送「沈黙のアリバイ」あらすじ】
山梨県警本部の強行犯捜査係。県警史上最強と謳われる3つの捜査班の中でもトップの検挙率100%を誇る“一班”を率いるのは、一切、笑わない“青鬼”朽木泰正(仲村トオル)。朽木たちは、数か月前にパチンコ店の現金輸送車を襲った強盗殺人犯を追っていた。主犯格の男は逃亡中だったが、共犯の湯本直也(忍成修吾)の居場所を掴む。物証が乏しい中、取調官の島津正人(音尾琢真)が湯本の自供を取ることに成功する。そんな湯本の初公判当日。朽木は傍聴席で湯本の公判を見つめていた。主犯の新情報が出ると思われていたが、湯本は「助けてください!脅されて自供したんです!」と叫んだのだった―。取り調べでは語らなかった「アリバイ」を主張する湯本。クロを確信する朽木と自供を覆した湯本…密室で何が起きたのか?巧妙に仕掛けられた罠…果たして真実は!?

月曜プレミア8 「横山秀夫サスペンス 沈黙のアリバイ」
【放送日時】 2020年10月26日(月)夜8時~夜9時54分
【出演】仲村トオル 岸谷五朗 音尾琢真 忍成修吾 飯田基祐 内田朝陽 尾上寛之 白石隼也 脇知弘 石井正則 東根作寿英 水崎綾女 岩松了 平田満
【原作】 横山秀夫「沈黙のアリバイ」(集英社文庫刊『第三の時効』所収)

月曜プレミア8 「横山秀夫サスペンス モノクロームの反転」
【放送日時】 2020年11月9日(月)夜8時~夜9時54分
【出演】岸谷五朗 仲村トオル 福士誠治 新山千春 平山祐介 飯田基祐 堀部圭亮 今野浩喜 石垣佑磨 今井悠貴 内田朝陽 尾上寛之 白石隼也 水崎綾女 岩松了 平田満
【原作】 横山秀夫「モノクロームの反転」(集英社文庫刊『第三の時効』所収)

【放送局】 テレビ東京、テレビ大阪、テレビ愛知、テレビせとうち、テレビ北海道、TVQ九州放送
【製作】 テレビ東京 BSテレ東 
【公式HP】https://www.tv-tokyo.co.jp/premiere8_drama/
(C)横山秀夫/集英社・テレビ東京