jealkbが圧巻のパフォーマンス! 『オトタノ2018』オープニングアクトも選出! 『TSM&TSM渋谷 同窓会LIVE 2018!』

7月26日(木)、東京・Zepp Tokyoにて、『TSM&TSM渋谷 同窓会LIVE 2018!』が開催され、スペシャルゲストにボーカル・haderu(田村淳/ロンドンブーツ1号2号)率いるヴィジュアル系ロックバンドのjealkb(ジュアルケービー)も出演した。

数々の著名ミュージシャンやクリエイター、スタッフを輩出してきた「東京スクールオブミュージック&ダンス専門学校(TSM)」と「東京スクールオブミュージック専門学校 渋谷(TSM渋谷)」による合同企画となった今回のライブイベント。

今回が初開催で、卒業生8組のアーティストによるパフォーマンスに加え、jealkbが出演するとあり、各アーティストのファンだけでなく、多くの同窓生が集い、再会が生まれた。

ライブは、はんにゃ(川島章良、金田哲)の2人がMCを担当。観客にお目当てのアーティストを聞くなどして、会場を暖めたはんにゃは、今回出演した8組の中から、1組だけに、9月24日(月・祝)にTSUTAYA O-EASTにて開催されるjealkb主催のイベント『オトタノ2018』のオープニングアクトへの出演権が与えられ、さらによしもとミュージックエンタテインメントより楽曲配信もされると明かされた。

また、TSM&TSM渋谷とよしもととの関わりについて、「『沖縄国際映画祭』や産学連携レーベルの運営など、非常に深いお付き合いをしています」と川島が説明を終えたところで、1組目、女性ソロシンガーの水越ユカを紹介。

水越は、パワフルな歌声と拳を突き上げる振り付けが印象的な『がんばらんまいけ』を披露するが、はんにゃとのMCでは富山弁やお子さんなどのトークで、対象的な笑顔を見せていた。

続いて王様はベイビーが『湘南ラブストーリー』、FeelAroundが『EVE』、CoolRunningsが『arrows sign』とそれぞれカラーを打ち出し、『扉』を熱唱したuncloseは、独特の衣装やマスクも目を引き、「世界観がすごい!」と金田も絶賛。

後半も個性的なアーティストが続々登場し、はんにゃとトークを交わす。『1月になったから』を披露した6組目のTHEリマインズは、楽曲が生まれた恋愛エピソードを語れば、『栞のムコウ』を披露したbook of storyは、「『ピラメキーノ』見てました」と明かしてはんにゃを喜ばせ、ラストの永嶋玲は『童貞』という曲名の童貞の悲哀を歌ったこともあり、金田から振られ、「童貞じゃねえし」と口走る場面も。

アーティストはそれぞれ「気持ちよかった」とライブを振り返り、またTSMとTSM渋谷の在校時代について訊かれると「素敵な仲間と出会えました」と懐かしそうに振り返った。

そして、いよいよjealkbが登場。ボーカル・haderuが「いけるか、Zepp!」と呼びかけ、アジテーター・hidekiが振り付けのレクチャーして、1曲目『Packya Ma Lad』をスタートさせるも、振り付けをやらない観客を見つけたhaderuが「止めてー!」と、ストップし、やり直しさせる。

これを繰り返し、ようやく会場中を踊らせたjealkbは、次に高知県出身のメンバーが2人(ediee、hideki)所属していることにちなみ、戻り鰹をテーマにした曲『Reverse Bonito』を披露。クッション製の鰹を客席に投げ入れる演出があり、「鰹に触れたら1年間、風邪をひかないです(笑)」というhaderuの呼びかけもあって、鰹が各所で跳ね廻っていた。

続く『FIREBIRD』は焼き鳥をテーマにした曲で、白い鶏のぬいぐるみが、客席後方まで渡ると、マネージャーの手により焦げた鶏へと入れ替わるというこれまた観客参加型の楽曲で、オーディエンスは熱狂。

MCでのhaderuは、前記したjealkb主催のイベント『オトタノ2018』について「jealkbみたいに、『なんなんだ、焼き鳥の歌』って、そんな音楽があってもいいと思います。多種多様な世の中を作っていきたいと思っています」とコンセプトを説き、「卒業したら僕たちと関わって、音を楽しむことを生活の一部に取り入れて欲しいなと思います」と在校生にメッセージを送った。

最後の曲『ASTROMEN』で最高潮を迎え、出演者が一堂に会したエンディングへ。jealkbのメンバーは、登場するなり金田にズクダンズンブングンゲームを仕掛けるが、当の金田がぎっくり腰を患い、動きの小さいズクダンしか見せられず、悔しがる場面も。

そして、今回、『オトタノ2018』のオープニングアクトへの出演権を獲得したのは、トップバッターを務めた水越ユカ! その選考理由についてhaderuは、「迷いましたけど、音を楽しむ感じが一番出ていましたし、お客さんになんとか振り付けをしてもらおうというね」「『オトタノ』はお客さんとどれだけ近づけるかを重視したいので、水越さんとさせていただきました」と客席と一体感を計ろうとしたステージングが決め手となったようだ。

水越は、「うれしいです。ありがとうございます」と感極まりながらも、感謝の言葉で締め括った。

『オトタノ2018』概要
日時:9月24日(月・祝) open 11:00 / start 12:00
会場:TSUTAYA O-EAST
出演者:jealkb / m.c.A・T / オメでたい頭でなにより / 仮面女子 / キュウソネコカミ / STARMARIE / 高橋洋子 / NoGoD / はるな愛 / BOYS AND MEN(誠)/ まちゃあき(エグスプロ―ジョン) / 水木一郎 / LIFriends アイロンヘッド / クマムシ / けんじる / ジョイマン / 庄司智春(品川庄司)/ ですよ。/ どぶろっく / 永野 / なかやまきんに君 / にゃんこスター / はんにゃ / ミスター人間(ペナルティー・ワッキー)/レイザーラモンRG and more

チケット 前売り : ¥5,800
※All Standing

9月5日(水) ミニアルバム「Mix Up Sonic」発売
全6曲が収録され、Type-Aは特典としてM-6『才僕』のミュージックビデオとそのメイキング映像を収めたDVDが付属。
http://yoshimoto-me.co.jp/

関連記事

ページ上部へ戻る