秋山黄色、田中圭主演×鈴木おさむ脚本の衝撃の問題作ドラマ「先生を消す方程式。」主題歌に決定

(C)テレビ朝日

秋山黄色が、10月31日(土)にテレビ朝日系でスタートする新ドラマ「先生を消す方程式。」の主題歌を担当する。「先生を消す方程式。」は、田中圭主演、鈴木おさむが脚本を手掛ける異色の学園サスペンス。
主題歌に決定した楽曲は、秋山黄色の最新曲「サーチライト」。楽曲に関して秋山黄色は、「そのあまりに強烈な物語に触発されストレートを選びました。心を丸ごと投げて逃げ去るような曲です。」と、ドラマの内容に触発され楽曲が完成したことを語り、主演の田中圭は「ドラマも負けじとこの曲の様に青春ロックしてやろうじゃないですか!とやる気に漲っております。この不思議なドラマをサーチライトで照らしてくれている感じがとてもしています!心強いです。」と楽曲について絶賛しドラマへの意気込みを語っている。
主題歌の「サーチライト」は11月13日(金)に配信リリースとなる。

◆リリース情報
「サーチライト」2020年11月13日(金)配信スタート タイアップ:土曜ナイトドラマ『先生を消す方程式。』主題歌

<秋山黄色コメント>
ドラマ『先生を消す方程式。』の主題歌を担当させていただく事になりました。とても嬉しいです。作曲家として曲を届けている限り、音は口ほどに物を言います。
こうして作品と共に鳴ろうという時には、めちゃくちゃアレンジに悩みますが、そのあまりに強烈な物語に触発されストレートを選びました。心を丸ごと投げて逃げ去るような曲です。多くの人の道を照らしますように。

<田中圭コメント>
皆様、田中圭です。秋山黄色さんのサーチライトが主題歌に決まりました!ありがとうございます!
生きるという事、そこにある色んな気持ちを爆発させている様な、共感できる生々しい歌詞が大好きですし、このドラマにぴったりすぎてびっくりしました。ドラマも負けじとこの曲の様に青春ロックしてやろうじゃないですか!とやる気に漲っております。
この不思議なドラマをサーチライトで照らしてくれている感じがとてもしています!心強いです。個人的に、「だからなんだようるさいよ」という歌詞が大好きです。皆様と一緒にドラマも主題歌も盛り上がって楽しめるように、これからの撮影も頑張ります!楽しみにしていてください!

◆ドラマ情報
テレビ朝日系土曜ナイトドラマ『先生を消す方程式。』
2020年10月31日スタート!【毎週土曜】よる11:00~11:30
出演:田中圭、山田裕貴、高橋文哉、久保田紗友、森田想、高橋侃、秋谷郁甫、榊原有那、川瀬莉子、田中亨、奥山かずさ、手塚とおる、松本まりか
プロデューサー:横地郁英(ゼネラルプロデューサー/テレビ朝日)、秋山貴人(テレビ朝日)、遠田孝一、小路美智子
脚本:鈴木おさむ
演出:小松隆志 ほか
音楽:HAL
制作:テレビ朝日/MMJ

◆秋山黄色プロフィール
1996.3.11生まれ 栃木県出身
作詞、作曲、編曲、歌唱、ジャケットアートワークを自身で手がけるソロアーティスト。
中学生の頃にテレビアニメ「けいおん!」に影響されベースを弾き始める。高校1年生のときに初めてオリジナル曲を制作。
2017年12月から宇都宮と東京を中心にライブ活動をスタート。2018年6月に1stシングル「やさぐれカイドー」を配信リリースした。2019年1月にはミニアルバム「Hello my shoes」を発売。2019年2月には、Spotify『Early Noise 2019』として、今年大きな飛躍が期待される新進気鋭の国内アーティスト10組のうちの1組に、King Gnu、中村佳穂、ずっと真夜中でいいのに。等とともに選出された。その後、「VIVA LA ROCK 2019」「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2019」「SUMMER SONIC 2019」といった大型フェスに出演して知名度を上げる。同年4月に「クソフラペチーノ」、6月に「クラッカー・シャドー」、8月に「夕暮れに映して」を3作連続リリース。9月には東京・TSUTAYA O-Crestで初のワンマンライブ「登校の果て」を開催。チケット秒速即完の大盛況となった。2020年1月よりカンテレ・フジテレビ系で放送中のドラマ「10の秘密」の主題歌「モノローグ」を書き下ろし、2月に配信。iTunesロックチャート1位を獲得。MUSIC VIDEOは公開2か月で1000万再生を突破。(現在1300万再生を突破中。)EPICレコードジャパンからのデビュー1作目、1stフルアルバム「From DROPOUT」を3月4日にリリース。
iTunesロックチャート1位、アルバムiTunes総合4位、オリコンデイリー11位、ウィークリー17位を獲得。
デビュー後に出演したTBS「CDTV ライブ!ライブ!」では、熱量の高いパフォーマンスを披露し、Twitterトレンド国内5位まで浮上。デビューから圧倒的な存在感を放った。
・オフィシャルサイト:https://www.akiyamakiro.com/