【JO1】けん玉歴2年の豆原一成が、13歳のけん玉世界王者に羨望の眼差し

ABEMAが、グローバルボーイズグループJO1が出演する新レギュラー番組『JO1スターギャザーTV』第2話を、10月16日(金)夜10時から配信した。

この番組は、世界の頂点を目指すJO1のメンバーが、同世代で同じく世界を目指す“ゲンセキさん”をスタジオに招き、パフォーマンスやその心構えを学んでいく「ABEMA」初冠番組です。番組内では、JO1のメンバーたちが「ブレイクダンス」ユース五輪金メダリストを迎えてのダンスバトルや小学生記憶力チャンピオンとJO1の11人で対決する「メモリースポーツ」、さらには難度の高いテクニックで競い合う「けん玉」パフォーマンスといった様々なジャンルのエンターテインメントに挑戦していく。

■NON STYLE・井上、礼儀が正しすぎるJO1の驚きの行動を告白!
■けん玉歴2年のJO1豆原一成が、13歳のけん玉世界王者に羨望の眼差し

10月16日(金)夜10時からの放送では、世界の頂点を目指すJO1のメンバーたちが、同世代で同じく世界を目指す“ゲンセキさん”として、「けん玉」の世界王者・五十嵐拓哉さんをゲストに迎え、基本の技“大皿”や“とめけん”に挑戦した。

オープニングトークでは、本番組の進行役として登場したお笑いコンビ・NON STYLEの井上裕介が、開口一番に「JO1には注意があります!」と言及すると、この言葉に「え、なんだろう…?」と騒然となるメンバーたちに対し、井上は「我々東京ガールズコレクションでMCをしてて、JO1もアーティストとして出てたよね。パフォーマンスを我々も舞台袖で観させて頂きました。そうしたら、俺の事に気付いた数名がパフォーマンスしながら会釈したよね?パフォーマンス中に会釈いらんから!(笑)」とツッコみ、スタジオの笑いを誘った。
その後、13歳という若さでけん玉の世界制覇を果たした“ゲンセキさん”の五十嵐さんが登場し、五十嵐さんのこれまでの実績が紹介されると、メンバーたちは口々に「すごい!」と称賛の声を上げた。また、五十嵐さんによるパフォーマンスが行われた際には、けん玉歴2年の豆原一成が「ちょっと数えきれないぐらい技をやってました!ものすごいやってました!」と興奮気味に語り、羨望の眼差しを向けた。

■身体能力の高さを見せつけるJO1に、NON STYLEが称賛!

かなりの腕前を持つ五十嵐さんによる指導のもと、基本の技“大皿”と“とめけん”にチャレンジする事になったメンバーたちは、最初こそ苦戦を強いられながらも、その持ち前の身体能力の高さから次々と技を習得。少ない時間で難なくクリアしていくメンバーたちの様子に、NON STYLEの2人からも「すごいやん!」と称賛の声が上がった。その後、基本の技をマスターしたメンバーたちは「11人連続けん玉チャレンジ」に挑戦。ミスをしても全員が制限時間である101秒以内に技を成功させればクリアとなるこの挑戦に、緊張の表情で挑んでいくメンバーだが、1回目の挑戦は残り1人を残して惜しくも失敗という結果に…。その後、「めっちゃ良い感じだったのに…」と悔しさを滲ませるメンバーたちに、井上が「もう1回いくか!」と泣きの再チャレンジを提案すると、2回目に挑戦する事になったメンバーたちは、制限時間内に11人連続でクリアする事ができたのか…? この模様は「ABEMAビデオ」にて1週間無料で視聴できる。

そのほか番組の後半に行われた、世界の様々なアソビに挑戦し、JO1の世界進出の足がかりにしていくコーナー「目指せ世界制覇!World ASOBI Tours」では、メンバーたちがカナダの伝統的な遊び“イクシンミアク”に挑戦。腹ばいになり、両肘とつま先だけで4メートル先にあるゴールまでのタイムを競うレースに挑戦している。肘の痛みに耐えきれずリタイアするメンバーも現れる中、驚異のスピードで爆走し、メンバーを驚かせた豆原の姿は必見だ。

■新レギュラー番組『JO1 スターギャザーTV』 番組概要
配信日: 10月16日(金) 夜10時~夜10時30分 
https://abema.tv/video/title/90-1437
出演者: 【JO1】
※提供画像 (C)AbemaTV,Inc.