ぺこぱ・松陰寺が連続ドラマ初挑戦!“ヒロインが恋する”イケボを披露

主演・波瑠が恋愛を長いことさぼってきた“おひとり様”の産業医・大桜美々を演じる、新水曜ドラマ『#リモラブ ~普通の恋は邪道~』。
大桜美々(波瑠)がオンラインゲームで知り合った“檸檬”と名のる、顔も名前もわからない相手に、久方ぶりにSNS上でマジな恋をする。さらに、“檸檬”は、どうやら社内にいるということが判明!第1話のラストで、“檸檬”が八木原大輝(髙橋優斗【HiHi Jets/ジャニーズJr.】)だと勘違いした美々は、八木原に「はじめまして、檸檬さん」と告白するも、八木原は「ちげーし!」と一言。

21日放送の第2話では、美々が恋する“檸檬さん”の声のイメージが、“ぺこぱの優しいツッコミをする人”ということが明らかに。

今回、本人役として大活躍中の“イケボ芸人”、ぺこぱ・松陰寺太勇が声のみで登場!地上波連続ドラマは初参戦となる。ぺこぱ・松陰寺のイケボにもご期待だ!
「#リモラブ ~普通の恋は邪道~」、第2話は10月21日(水)夜10時放送!

<松陰寺太勇(ぺこぱ)コメント>
今回、初めて声のお仕事を頂いて、僕は普段「ロンリネーース」とか「ファ・フィ・ヒュ・フェ・フォ」とか言っているので、台詞を普通にしゃべってしまっていいのかな……と、不安に思いながら収録しました。収録はとても恥ずかしかったです。
これまでは野菜の“ナス”に例えられることが多かったんですが、「#リモラブ」第2話の放送が終わったら、僕、“檸檬”になっているかもしれないです!
“松陰寺語”を喋っていない松陰寺はレアだと思うので、是非、みなさん聞いてください!

<第2話 あらすじ>
SNS上で恋した相手「檸檬」が、八木原(髙橋優斗)だと勘違いし、恥をかいた美々(波瑠)。相手が誰だかわからない恋愛なんて理解できないという八木原に、「今は2次元の相手に本気で恋する時代なんだから」と強気に言い張る。そして5か月後の10月―。美々のハンドルネーム「草モチ」と、「檸檬」とのSNS上だけでのやりとりは、相手を知らないまま順調に続いていた。ある日、青林(松下洸平)から意味深に食事に誘われる美々。青林が「檸檬」?ところが青林と営業部の我孫子(川栄李奈)のあるシーンを目撃してしまいその疑いは否定された。そんな中、美々はSNSのあるやりとりをヒントに社内の健康診断のデータの中から該当人物を探す。結果、一致した朝鳴(及川光博)、岬(渡辺大)、五文字(間宮祥太朗)は美々の面談をうけることに。しかしそれは、「檸檬」がした話と一致する相手を探し出すという裏の目的のためだった。

【ドラマ概要】
<放送枠>日本テレビ系 2020年10月期 水曜22時~23時
『#リモラブ ~普通の恋は邪道~』
<製作著作>日本テレビ
■番組HP:https://www.ntv.co.jp/remolove/
■公式Twitter:@remolove_NTV
■公式Instagram:@remolove_ntv
*提供画像 (C)日本テレビ