後藤真希 美容に関して大変興味あり!でも、お手入れの時間は短め

歌手でタレントの後藤真希が18日、東京銀座で行われた美容医療機器・化粧品メーカーの設立を記念した「ハイドラフェイシャル ローンチパーティー」に特別ゲストとして出席した。

ハイドラフェイシャルは、米国FDA(日本の厚生労働省にあたる機関)の承認を得た安全性の高い美肌治療方法で、ハリウッドセレブの愛用者も多く、米国では美容医療トリートメントの中でトップレベルの人気を誇っている。

トークショーでは、とても爽やかな白の衣装で登場した後藤に、素肌美人としても有名な、後藤の子育てをしながらも美肌を保つ秘訣について語られることに。

MCから、普段はどんなお手入れをしているのかについて聞かれ後藤は、「結構時間は短めなんですけど、洗顔して化粧水を塗る前に角質なんこうクリーム塗って、パックして美容液塗ってクリーム塗って終了って感じです」と、あまり手をかけない様子、それに対しクロスクリニック銀座の石川浩一院長は「とってもいいと思います、実はやりすぎが一番いけない」と解説していた。

また、普段のスキンケアにかける時間は「パックをいれて4分! パック時間は3分、マッサージもあまりしない、あまり触れたくない」と、とてもシンプルに行っているようだ。これについても石川先生から「とってもいい」と解説されていた。

食事に関しても、いろいろな物を「ちょっと多いかな」と思うくらい食べているが、バランスにもの凄く気を使って摂っていると明かした。

そんな後藤だが、まだまだエステサロンや美容クリニックにも興味があり「綺麗になりたいです、全身きれいにツルツルになりたいです」ということから、実際に“ハイドラフェイシャル”で右の頬を施術してもらうことになった。施術後、後藤は「今すぐメイク落として、すっぴんでやってもらいたい」と素肌美人の後藤も大変気に入った様子だった。(ジェイタメ編集部)

関連記事

ページ上部へ戻る