本木雅弘 新幹線での旅で「あらためて日本は美しい国だと実感した」

25日、都内でJR東海が、「ひさびさ旅は、新幹線!~旅は、ずらすと、面白い~」新CM 発表会を行い、CMキャラクターで俳優の本木雅弘が出席し、CM撮影エピソードやずらし旅について語った。

新CMは26日から放映されるが、CM撮影の感想を聞かれた本木は「撮影は駆け足で、まさに久々旅をさせてもらった、ドキュメンタ―リスタイルの形だったので素の自分が出てるっていう恥ずかしさはちょっとある……旅の誘いをくすぐる仕上がりになってると思います。明日からの放映が楽しみです」とコメントした。

ずらし旅については「コンセプトそのものが的を射てるって感じで、自分でも次のステージへ行ける、そんな清々しさや、その予感に満ちた企画だなと思う」と気分が上がったとコメントした。

あらためて新幹線の旅について聞かれ「10代の頃から地方のお仕事も含め、旅をしてきたんですね、ですので“帰って来た”という感じの乗り心地がしたし、車窓の風景を眺めながら、あらためて日本は美しい国だと実感した」とあらたな発見についてもコメントし「新幹線っていいな!」と思ったと満足の様子だ。

発表会ではメイキング映像も公開され、思い出に残った場所を聞かれ「21年ぶりの伊勢神宮ですかね、もちろんこういうご時世ということもあって、なんかこう神様の気配というか、そういうものに近づく安心感もあった、雄大な自然が残る伊勢神宮、その緑のグラデーション、そして清々しい空気に触れただけで体が蘇っていくようだった」と明かした。

最後に本木は「旅は人生の道しるべ。旅をすることで、ある気づきが隠れている……、次の自分の生き方が見えてくるような気がする、それが旅だと思うんですね。皆さんもまだまだ(コロナの影響で)旅に抵抗がある方もいらっしゃると思いますが、ちょっと勇気を出して、すこし視点をずらして、自分なりの旅、素敵な旅に出かけてください」と挨拶して締めくくった。