映画『ウルフズ・コール』潜水艦VSヘリコプターの対戦シーンを解禁!

© 2019 – PATHE FILMS – TRESOR FILMS – CHI-FOU-MI PRODUCTIONS – LES PRODUCTIONS JOUROR – JOUROR

昨年開催された『フランス映画祭2019』で公開され、喝さいを浴びた映画『ウルフズ・コール』。“黄金の耳”と呼ばれる人並み外れた聴覚を活かし、フランス海軍原子力潜水艦の分析官として従事するシャンテレッド。ある日、シリアでの潜航任務にて彼の判断ミスから危機を招いてしまうが、その際に彼の耳を惑わせたのはこれまでの記録になく、正体不明のまるで“狼の歌”のようなソナー音を放つ艦艇だった。任務後、秘密裏に“狼の歌”の解析に挑むシャンテレッドを尻目に、再び現れた“狼の歌”からフランスへ向けミサイルが放たれたとの情報が……それが本当であれば世界大戦をも免れない危機的事態だが、果たして。

本国アカデミー賞(セザール賞)3部門ノミネート、1部門受賞(音響賞)の、“フランス発潜水艦ムービー”が、遂に日本で公開を果たす!

この度、本作の本編アクションシーンが公開された!

フランス軍の潜水艦・チタン号に乗船する、特殊分析官・シャンテレッドの奮闘が映し出されていく本作。“黄金の耳”と呼ばれる人並み外れた聴覚を持つシャンテレッドは、僅かな音を探知する分析官として潜水艦に乗り込み、危機を乗り越えるべく奮闘していく姿が映し出されている。

今回到着した本編映像は、エキサイティングな本作を代表するアクションシーンとなっている。主人公シャンテレッドが搭乗する潜水艦が、何者かに狙われてしまった! 何と敵は空中を浮遊するヘリコプターで、海中に潜伏する潜水艦めがけて魚雷を発射してきたのだ。窮地に陥ったシャンテレッドたちは、見えざる敵に対して、捨て身の攻撃に転じる事に。危険な敵が旋回する海面上に緊急浮上して、船長自らロケットランチャーをぶっ放すことになったのだ。緊急作戦が遂行されて、海面に飛び出してロケットランチャーを構える船長だったが、何と引き金が壊れていた……。最新鋭の武器を搭載するヘリコプターの砲弾を浴びながらも、何とか修理を果たしてロケットランチャーを砲弾した船長だったが、若干軌道が外れてしまうもの何とかヘリコプターを追撃! 手に汗握る本編シーンに仕上がっている。

本作で使われている潜水艦は、何とセットではなく本物の中で撮影を行っている。長編監督デビュー作となり、脚本も手掛けたアントナン・ボードリーに、撮影エピソードを伺ってみた。「潜水艦の中は最高のロケ地だったんだ。乗組員と共に作り上げたシナリオを、シェイクスピアの劇の様に表現出来たと思う。本物の乗組員から得た情報を、リアリスティックに描けることが出来たよ」と、熱いコメントを寄せてくれた。

© 2019 – PATHE FILMS – TRESOR FILMS – CHI-FOU-MI PRODUCTIONS – LES PRODUCTIONS JOUROR – JOUROR

【STORY】
フランス軍の潜水艦で、並み外れた聴覚を活かし「黄金の耳」と呼ばれる特殊分析官として従事するシャンテレッド。それは僅かに聞こえる音から敵の動向を探る重要なポジション。しかしシリアでの潜航任務中、彼は怪しげな音に気づくも識別に失敗し、その判断ミスから甚大な危機を招いてしまう。彼の耳を惑わせたのはまるで“狼の歌(呼び声)”のような正体不明のソナー音。やがて再びその音が聞こえたとき、シャンテレッドは人類滅亡の危機を賭けた決断を迫られる。

【CAST & STAFF】
監督・脚本:アントナン・ボードリー /出演:フランソワ・シヴィル、オマール・シー、マチュー・カソヴィッツ、レダ・カテブ
2019年:フランス/115分/カラー/シネマスコープ/5.1ch/原題:Le Chant du loup/フランスほか/字幕翻訳:大城哲郎/配給:クロックワークス/
© 2019 – PATHE FILMS – TRESOR FILMS – CHI-FOU-MI PRODUCTIONS – LES PRODUCTIONS JOUROR – JOUROR
公式HP:http://klockworx-v.com/wolfscall/