週刊SPA!新連載『サウナの呼吸』橋本祥平のアザ―カットとコメントが到着

発売中の週刊SPA!(9月22日・29日合併号)より、俳優・声優として活躍を続け、自他ともにサウナ―を公言する橋本祥平。新連載『サウナの呼吸』が、スタートした。連載開始記念として、アザ―カット&本人よりコメントが到着した。

「心と体を整えるサウナは、働く男にとって、呼吸と同じぐらい重要である。」(誌面より抜粋)働く世代に刺さる特集を手掛けてきた『週刊SPA!』編集部より、気合を込めた新連載『サウナの呼吸』が始動した。血液の流れを改善し、疲労回復効果を促すとともに、心の疲れが軽減されるなどの効果で、疲れ果てた現代人を癒す「サウナ」。“整う”感覚を一度知ってしまったら最後、病みつきになる人は後を絶たずサウナ人口は増え続け、“サウナブーム”が到来している。

今回時代の世情を踏まえた本新連載の案内人を務めるのは、舞台『刀剣乱舞』、ハイパープロジェクション演劇『ハイキュー!!』、10月に控えている主演舞台『ミュージカル封神演義‐開戦の前奏曲(プレリュード)-』などの2.5次元舞台ほか、声優として活躍をする俳優・橋本祥平。

18歳の頃から通い出し、サウナ歴約8年の橋本氏による、サウナ・水風呂・外気浴という「1セット」を味わう瞬間から、橋本氏の肉体美まで披露! 本連載の意気込みについて、「コロナ禍でサウナからちょっと遠ざかっていた自分に、このような機会をいただけてありがたいなと思います。撮影でまた少し開眼してしまいました(笑)。連載企画で色々なサウナを巡り、撮影地の魅力をお伝えできたら良いなと思っております」と抱負を語った。

老若男女に愛させるサウナの魅力について問われると、「僕は無心になれるところが好きなんです。汗かきながら考え事も良いけれど、1日24時間の中で何もせず、何も考えずにボーッとできる唯一の時間だと思っています。また先輩から1セット目の汗は“汚れ”。2セット目の汗は“フェロモン”が出ていると教わったことがありまして(笑」。そこから2回目のサウナは、”フェロモンが出るんだ”と今でも少し信じていて、“フェロモン出すぞ〜”という気持ちで通うようになったら、ほんとにハマってしまったんです」と、サウナ―になった経緯を教えてくれた。

ちなみにサウナは誰かと行くことの方が多いのだそうで、「一人で行くことも勿論ありますが、意外と男同士の裸の付き合いみたいなのが好きなんです。普段しないような話とか、あまりツッコめない話も、不思議とお風呂場で話したり、聞けたりしちゃうんですよね。そういう時間も凄い好きなんです」と橋本氏。無心になれる場でもあり、交流を深められる場でもある、サウナの魅力は奥が深い。

なお本連載は月イチ連載となり、Vol.1「かるまる池袋」では、セルフロウリュができる目玉サウナ「ケロサウナ」はもちろんのこと、シングルと呼ばれる約8℃の極寒・水風呂や外気浴、サウナ後の食事を味わった。

〇提供:週刊SPA!編集部/販売リンク:https://amzn.to/3izVO7d
撮影/江森康之  撮影協力/サウナ&ホテル かるまる池袋