るろうに剣心の最終章公開は? 伊勢谷友介逮捕で暗雲立ち込める映画業界

8日、警視庁組織犯罪対策5課は自宅に大麻を隠し持っていたとして、俳優の伊勢谷友介容疑者を大麻取締法違反の容疑で現行犯逮捕した。

伊勢谷逮捕の情報が報道機関を通して伝わると同時に、Twitterでは大騒ぎとなり、有名人のトレンドランキングでは1位になる。

この逮捕でTwitterユーザーが特に気にしているのが伊勢谷が四乃森蒼紫役で出演している『るろうに剣心 最終章 The Final』と『るろうに剣心 最終章 The Beginning』の公開についてだ。既に撮影を終えているようだが、新型コロナウイルス感染拡大の事態を受け、延期されることが決定し、新たに2021年のゴールデンウィークに連続公開すると告知されていた。

メインキャストのひとりとして出演している俳優の逮捕ということで、公開はかなり難しい状況になったともいえる。泣きっ面に蜂のような状態となりTwitterでは「るろ剣最終章楽しみにしてました非常に残念です」「ただでさえ延期になった来年の最終章はどうなるんでしょうね…」「お蔵入りは絶対にやめて欲しい!作品に罪はない」といった声が。

また、伊勢谷は他にも、主要キャストで出演する映画『とんかつDJアゲ太郎』が10月30日に公開予定だったが、そちらの作品も現状では暗雲が立ち込めている。他にも、吉永小百合主演の映画「いのちの停車場」にも出演が決まっており、映画界への影響は大きそうだ。

伊勢谷は他にもボランティア活動や、教育の問題に取り組むなど、社会奉仕活動も注目されていたが、Twitterでは、「教育に関したこととか、良いこといっぱいやってたのに、一回こういうことしちゃうと、それさえみんな否定されちゃうのか」「ボランティアとか色々活動が認められてたのに本当にもったいない」と、今回の一件で台無しになってしまい残念がる声が多かった。