『キワドい2人』池袋署の副署長役を六角精児、警視庁キャリア管理官役に中林大樹が決定

(C)TBS

TBSで、9月11日(金)よる10時から金曜ドラマ『キワドい2人-K2-池袋署刑事課神崎・黒木』がスタートする。原作は第56回江戸川乱歩賞を受賞した横関大による刑事小説「K2 池袋署刑事課 神崎・黒木」で、人情派の生真面目キャリア刑事・神崎隆一と超破天荒なキレ者刑事・黒木賢司がバディを組み、池袋の街で巻き起こる凶悪事件に挑む痛快刑事ドラマだ。性格も価値観も捜査方針も正反対の超凸凹バディには、誰にも知られてはいけない“キワドい”秘密があった。なんと2人は幼少期から全く別の人生を歩んできた異母兄弟だったのだ! 時にぶつかりながらも池袋の街を守るために事件捜査に繰り出す神崎と黒木は、難事件の解決を通して、強固な絆を築いていけるのか!?

主人公の神崎隆一を演じるのは、TBS連続ドラマ初出演、初主演となる山田涼介。そして、神崎とバディを組む黒木賢司を田中圭が演じる。さらに2人が勤務する池袋署刑事課・強行犯係のメンバーには、ジェシー(SixTONES)、八嶋智人、江口のりこ、奥山かずさといった個性豊かな面々が登場。さらに、神崎と黒木の事件捜査に深く関わる謎の女役で関水渚、神崎と黒木の父親役で椎名桔平が出演、話題を呼んでいる。

そしてこのたび、新たに六角精児と中林大樹の出演が決定した。

六角が演じるのは、神崎と黒木が勤務する池袋署の副署長・澤登哲也。神崎と黒木の父親である賢造(椎名桔平)のかつての同僚であり、署内で唯一神崎と黒木の秘密の兄弟関係を知る人物だ。池袋署に着任した神崎を温厚な笑みで温かく出迎える澤登であるが、賢造の人生を大きく変えてしまった過去のある事件にも深く関係していて・・・。映画やドラマに引っ張りだこで、誰にもマネのできない個性的な演技で名バイプレーヤーの地位を確立した六角が、今作ではどんな表情を見せるのか注目したい。

そして、警視庁所属のキャリア組で、警視庁捜査一課の担当管理官・野島義明を中林大樹が演じる。野島管理官は池袋署管轄内で起きた重大事件の捜査指揮を執るが、ときに神崎や黒木と対峙することも・・・。そんな野島管理官に扮する中林は、2007年のテレビドラマ『めぞん一刻』(EX)で、演技未経験ながらも総数3200人の中からヒロインの相手役に選ばれ俳優デビュー。以降、多くの作品に出演している中林だが、今作では爽やかな笑顔を封印し、眼光鋭いキャリア管理官を演じる。

個性豊かな俳優陣の出演が続々と決まり、『キワドい2人-K2-池袋署刑事課神崎・黒木』の勢いは急加速! 人と人との繋がりや、他愛もない日常の尊さを誰もが改めて実感することになった2020年。そんな現代にお送りする、凸凹バディ神崎・黒木のキワドくも前向きな刑事ミステリーにご期待しよう。

■あらすじ
池袋署の刑事課強行犯係に配属されたキャリア刑事の神崎隆一(山田涼介)。神崎の初出勤日、相棒となる先輩刑事の黒木賢司(田中圭)は無断欠勤をしており、強行犯係の係長・末長(八嶋智人)から行方の分からない黒木を探しだすよう命じられる。黒木の前夜の動向を調べるとガールズバーを訪れており、店員の女性と店を後にしているが、その後の足取りがまったくつかめない。そんな矢先、神崎は急ブレーキをかけたであろうタイヤ跡のそばで血の付いた黒木の警察手帳を見つける。さらに、強行犯係には行方をくらましていた黒木から「誘拐事件に巻き込まれた」と電話が入り・・・。

■番組概要
[タイトル]金曜ドラマ『キワドい2人-K2-池袋署刑事課神崎・黒木』
[放送日時]2020年9月11日スタート 毎週金曜よる10:00~10:54
初回は15分拡大 よる10:00~11:09)
*提供画像 (C)TBS