【24時間テレビ43】黒柳徹子と寺田心の動物ふれあいプロジェクト

<ナレーション木村多江 23日(日)17時ごろ放送>

ジャイアントパンダの保護活動に勤しんできた黒柳徹子さん、そして将来の夢に犬の保護施設の設立を掲げる寺田心くん。

そんな動物愛に溢れる2人が今話題の犬の保護施設を訪問。一見かわいらしい犬たちだが、実は劣悪な環境下で子犬を産まされ続けた繁殖引退犬という辛い過去が。

さらに、新しい飼い主がなかなか見つからない病気の子犬や老犬も…。厳しい現実を目の当たりにした2人は何を感じたのか。

年の差75歳の2人が、愛犬との思い出を語りつつ、犬と人間との関係性、そして保護犬たちのためにできる事を考える。
      
■木村多江コメント

動物虐待や殺処分、子どもを産むためのパピーミル…。様々な問題があることを知り、非常にショックでした。犬たちの良い側面だけ見て、見えていない部分を詳しく知ろうとしていなかったのかもしれません。これを機に勉強したいと思いました。このコロナ禍での自粛中、私を癒してくれているのは、家で飼っている1匹のメダカ、そして動物の動画です。
動物は私たちを癒し、救ってくれる存在です。私たちと同じ生き物であり、同じ命。同じように大切にされていかなければいけないと改めて感じました。お2人を通して、皆様にも何か伝わるといいなと思います。

*提供画像 ©日本テレビ