ダチョウ倶楽部がエリカ・マリナと「#だれでもダンス」を披露

若者を中心に人気拡大中のコミュニケーション動画アプリ「Tik Tok」の世界観を体感できるイベント『Tik Tok Gallery』が、24日、ダイバーシティ東京プラザ 4Fエンタメスペースで開催された。

イベントには、最先端の若者カルチャーに疎いダチョウ倶楽部の3 人と、Tik Tokで話題の現役女子高生姉妹 エリカ、マリナが登場。エリカ、マリナにレクチャーを受けながら、 ダチョウ倶楽部の3人がTik Tokに初挑戦した。

6月にグラビアデビューしたばかりの、二人合わせてTik Tokフォロワー約60万人という超人気姉妹エリカ・マリナが、Tik Tokの楽しみ方や魅力について分かりやすく説明。会場内のモニター画面を使い、Tik Tokならではの柴犬のスタンプが顔に映る動画加工も紹介した。MCから「Tik Tok、やってみたくなりましたか?」と聞かれた上島竜兵は、「いやいや、そんな 簡単そうに言うけど、いきなり踊れって言われても踊れないからな」と断る。しかし、寺門ジモン、肥後克広が名乗りをあげると、「じゃあ、俺が踊るよ」とお馴染みの流れに。結局、ダチョウ倶楽部の3人と、エリカ、マリナの計5人で挑戦することになった。

挑戦するのは、Tik Tokに投稿される動画の中でも、最近特に人気のある「#だれでもダンス」という、リズムに合わせてこぶしを突き出すダンス。まずは、エリカ、マリナがお手本としてダンスを披露。その後、ダチョウ倶楽部の3人も「できるかなぁ」と言いながらも「#だれでもダンス」に挑戦した。

見よう見まねではあったが、ダチョウ倶楽部は「#だれでもダンス」を完璧に披露。さらに、オリジナリティ溢れるアドリブの振り付けに、会場は笑いに包まれた。そして、エリカ、マリナが加工した動画がモニター画面に映し出されると、その完成度の高さに驚きの声が上がった。Tik Tokに挑戦した感想を聞かれ肥後は、「初めてやりましたが、おじさん世代でも楽しめました」とコメント。一方、エリカも「私たちもとても楽しかったですが、ダチョウ倶楽部の皆さんにも楽しんでいただけて嬉しかったです」と笑顔で話し、芸能界の大先輩との共演に感激した様子だった。(ジェイタメ編集部)

関連記事

ページ上部へ戻る