2.5次元俳優・鳥越裕貴のラジオ特番『鳥越裕貴のトリーズカフェ』21日放送

俳優・鳥越裕貴がパーソナリティを務める特別番組『鳥越裕貴のトリーズカフェ』を、6月21日(木)午後7時30分よりラジオ文化放送で放送する。このたびその収録が行われた。

鳥越裕貴は、主にマンガやゲームを原作とした舞台でそのキャラクターを演じる、近年「2.5次元俳優」と呼ばれている俳優の一人。人気漫画『弱虫ペダル』の舞台で、主要キャラクター・鳴子章吉役を演じて一躍注目を浴び、それ以降も様々な話題の舞台作品に出演している。今後ますます注目される「2.5次元俳優」の特番として、その中でも高い人気を誇る鳥越裕貴の起用が決定した。

番組では、「鳥越裕貴のことを既に知っている人にはより深く知ってもらい、まだ知らない人にはこれを機に好きになってもらう」ということを目標に、鳥越自身がとことん自分のことを語り尽くす。そしてゲストには、ゲームが原作のミュージカル『刀剣乱舞』で共演した、同じく2.5次元俳優として人気を博している有澤樟太郎が登場。プライベートでも親交が深いという2人によるフリートークに加え、有澤が知る鳥越裕貴の魅力をリスナーに伝える。

収録では、オープニングで鳥越は、「喋るのが好きなのでラジオは大好きなんです。なんと地上波ラジオ初冠番組でございます。本当にうれしいです。『おい、鳥越がラジオやってんぜ』という感じ。地元の友達、聴いてるか!」と喜びを語った。

有澤樟太郎を迎えたゲストコーナーでは、二人の息の合ったトークを展開。鳥越のことを「数ある俳優仲間の中でもいちばん“アニキ”って感じがする先輩が鳥さんですね」と語る有澤は、番組での鳥越のラジオパーソナリティぶりについては、「今日は見たことのない鳥さんを見てるなあと。思ったより緊張されてるじゃないですか(笑)」と親しい後輩ならではの率直なコメントを披露。一方、そんな有澤について鳥越は、「足が長いから、楽屋で靴下を履こうとしてもバランスを崩して転んでたりする。なんか田舎の甥っ子を見てるような感じですね(笑)」と笑顔を見せた。

さらに、この放送では7月18日にリリースされる鳥越裕貴のメジャーデビューシングル『RISER』を “世界初オンエア解禁”。聴き逃せない内容満載の1時間となっている。

【特番概要】
■正式タイトル:『文化放送ライオンズナイタースペシャル 鳥越裕貴のトリーズカフェ』
■放送日時:6月21日(木) 午後7時30分~8時30分
■パーソナリティ:鳥越裕貴
■ゲスト:有澤樟太郎

関連記事

ページ上部へ戻る