映画『私がモテてどうすんだ』舞台挨拶 キャストが「私モテダンス」を披露!

11日、都内劇場で、累計発行部数300万部突破の超人気コミックを映画化した『私がモテてどうすんだ』の公開記念舞台挨拶がおこなわれ、主演の吉野北人(THE RAMPAGE)、ViVi国宝級イケメンランキングNEXT部門第1位の神尾楓珠、E-girlsの山口乃々華、「美食探偵 明智五郎」の富田望生、「快盗戦隊ルパンレンジャー」の伊藤あさひ、「仮面ライダージオウ」の奥野壮、監督の平沼紀久が登壇した。

映画を観たファンに向けて、吉野は「この作品は、すごくハッピーになれるような、楽しい作品になっていると思うので、ハッピーな気持ちになっていたら嬉しいなと思います」とコメント。

MCから登壇したキャストの出身地がバラバラと言う事で、出身地に向けて現地の言葉で挨拶をお願いしたいと振られ、宮崎県出身の吉野は「みんな元気しちょっけ、今は大変やけど一緒に頑張ろうね!この作品を観たら絶対ハッピーになれるから、絶対観て……少しでもみんなの支えになったら、うれしいやねん!」と最後だけ大阪弁になってしまい笑いを誘った。

映画のエンディングではティーン女子に人気の「私モテダンス」を披露しているそうで、ダンス経験の乏しい神尾と伊藤は撮影本番前まで相当焦っていたそうで、神尾は「振りとかキレ(技術)は無理なんで、とにかく笑顔で楽しもう」という気持ちで挑み、伊藤は「(大変だったところは)全部ですよ!隣を見たくなっちゃうんですよ、振りが分からなくなっちゃうから!それをカメラに真っすぐ向いて笑顔で!というのが難しかった」と感想を述べた。

そして、舞台上では全国劇場のライブビューイングを見ているファンに「私モテダンス」のサビの部分だけをキャスト全員で披露した。吉野は「ハートを作るの忘れてました、一番大事なところ……」と悔しそうで「みんなでもう一回行く?」とやる気だったがあっさり却下されていた。

映画『私がモテてどうすんだ』 7月10日全国ロードショー
【主題歌】: Girls² 「私がモテてどうすんだ」(Sony Music Labels Inc.)
©2020『私がモテてどうすんだ』製作委員会 ©ぢゅん子/講談社

【写真】映画『私がモテてどうすんだ』舞台挨拶