河井夫妻への637万円のボーナス支給にEXIT・兼近「議員がボーナス寄付したらブチあがる」

ABEMAで、ニュース番組『ABEMA Prime』を平日夜9時より毎日生放送している。

■批判相次ぐ河井夫妻への637万円のボーナス支給にEXIT・兼近「議員がボーナス寄付したらブチあがる」
りんたろー。「ボーナスを貯金するより、国民からの信頼の貯金にまわした方が賢い」

2020年7月2日(木)夜9時からの放送では、コロナ禍で社員へのボーナスをカットする企業も相次ぐ中、国会議員に対し約319万円の満額が支給されたニュースに着目し、「国会議員の歳費や待遇は適正なのか?」をテーマに議論を展開した。

昨年7月の参院選をめぐり、公職選挙法違反の容疑で逮捕された衆院議員の河井克行容疑者と妻で参院議員の案里容疑者に対しても夫婦で総額637万円にのぼるボーナス満額が支給されたことに、国民から「税金を使うなんて納得できない」などと批判が相次いでいることに、番組MCを務めるお笑いコンビのEXITがそれぞれ持論を展開する一幕があった。兼近大樹は「逮捕されたのに支給されたことについては、まだ河井夫妻ご本人が容疑を否認している段階なので、ルール的には納得できる」と前置きした上で、「そもそも国会議員の数も多いし額も大きいという“ボーナス貰いすぎ論”があって、それが不満の対象になっていると思うんです。かと言って、『ボーナスは貰いません』と拒否することもできない仕組みだと聞いたので。だからこそここで『国会議員全員でボーナスを全額寄付しました』とかになったら、こっちも『やるじゃん!』とブチあがるんですけどね」と語った。また、相方のりんたろー。は「日本国民は人数も少ないし、民意は比較的動かしやすいと思うんです。ここで議員が『ボーナスは貰いません。額を抑えます』とかってなったら、結構国民の気持ちは動くと思っていて。なので、ボーナスを貯金するより、国民からの信頼の貯金にまわした方が賢いんじゃないかなと思います」と自身の考えを明かした。

■EXITも感嘆!585回の謝罪経験を持つプロ・“アヤマリスト”が謝罪の極意を生伝授

また、この日の放送では「不定期気まぐれ企画 ネットでバズった話題大集合!」と題し、ネットで“バズった”話題をいち早く紹介する企画を放送。 “バズリ案件”の一つとして、これまで他人の代わりに585回も謝ってきた経験を持つ謝罪のプロ・越川慎司さんがリモート出演し、“アヤマリスト”と呼ばれる所以となった「謝罪の極意」をスタジオ出演者に伝授した。

越川さんが“アヤマリスト”になった経緯として「以前IT企業で役員をしていた時に“品質の責任者”をやっていた」と前置きしつつ、「トラブルがあった時に、『責任者出てこい!』と言うお客さんの対応をする役割だった。そこで566件の謝罪をして、その学びを活かして、今はお客様に謝罪するための会見などでアドバイスをしています」と述べた。越川さんは「あと謝罪訪問で言うと、実は“初めの45秒”がすごく大切です。感情で相手の琴線に触れない無難な対応が大事で、例えば服装や腕時計をしないなど、基本的な外見から入っていく事が重要です。特に腕時計をしないのは皆さんにもお勧めです。高級腕時計をしていると「お前何やってるんだ」と言われるし、ちょっと目線が時計にいってしまうだけで、謝罪相手から『早く終わらせたいんじゃないか?』みたいに思われてしまいます」とプロの観点から具体的なポイントを挙げ、出演者たちは納得の表情を見せた。

すると、ここまで黙って話を聞いていたお笑いコンビ・平成ノブシコブシの徳井健太が、神妙な面持ちで「例えば“離婚”するとした時に家族に謝るのは別にいいんですけど、自分の嫁さんのご家族に『一言謝んないといけないんじゃないかな?』って思う時はどうやって謝ればいいですか?」と衝撃の質問を繰り出す。そんな徳井に、兼近が思わず「それ例えですか!?すっげぇリアルなんすけど…」と驚愕すると、この質問を受けた越川さんが、「“誰に対して何を謝るか”が凄く重要なんです。謝るのは、迷惑をかけた奥さんなのか、そのご家族なのか。奥さんのご家族にご迷惑をおかけしたのであれば、そこは謝るべきだと思います。最近記者会見などで『社会の方を不快にさせてしまって申し訳ありません』と言いますが、僕はその謝罪をしない方が良いと思っていまして。不快に思わせる事を謝罪していたらキリがありませんから、実際に経済的・精神的なご迷惑をおかけした方に直接謝る。相手を絞る事が凄く重要です」と回答しスタジオでは感嘆の声が上がった。しかし、その後も質問が止まらない徳井が、続けざまに「例えばですよ?手土産みたいなのは何か必要ですか?」と畳みかけると、この言葉を聞いたEXITの2人は「離婚するつもり!?(笑)」「こんなところでやめてください、匂わせするの!逆匂わせ…(笑)」と訴え、スタジオの笑いを誘った。本放送の様子は、現在も「ABEMAビデオ」で配信中。
https://abema.tv/video/title/89-66

■『ABEMA Prime』 放送概要
放送日時 :毎週月~金曜 夜9時~夜11時  ※生放送
放送チャンネル:ABEMA NEWSチャンネル
(C)テレビ朝日
(C)AbemaTV,Inc.