日南響子×佐藤浩市×加藤雅也、スタッフ&キャスト全員がクレイジー!? 映画『銃2020』 完成発表記者会見

芥川賞作家中村文則のデビュー作「銃」の映画化『銃』(主演:村上虹郎)から2年。前作で企画・製作を務めた奥山和由の着想により、中村文則が原案、そして自身初となる脚本を手掛け、『全裸監督』の武正晴監督がメガホンをとった『銃 2020』。

偶然、拳銃を拾ったことで事件に巻き込まれるヒロイン東子(トオコ)を演じるのは、前作『銃』にも出演した日南響子。東子を追い詰めるクレイジーで個性豊かな面々に佐藤浩市、加藤雅也、友近、吹越満ら、超豪華俳優陣が出演。7 月10日(金)の公開に先駆け、2日「完成発表記者会見」を実施した。

梅雨の晴れ間のなか、コロナ感染予防対策に配慮し吉本興業東京本社内の屋外スペースで行われた。キャストの日南響子、佐藤浩市、加藤雅也、企画・製作の奥山和由、監督の武正晴、芥川賞受賞作家で、本作の原案と初めての脚本を担当した中村文則が登場。冒頭、奥山より「都内の新型コロナウィルス感染者が100名を超えるなか、取材にお越しいただきありがとうございます」と、挨拶。続いて、この日の会場となったのが本作のクライマックスシーンのロケ場所であったことを明かした。「撮影にはいろいろと 制約があったのに、『全裸監督』で無茶苦茶やってた武監督が、ずべて無視しこの場所で銃はぶっ放すは、血塗れにするは……」と監督のクレイジーぶりを暴露。武監督は、「撮影中は、こんな時代になるとは夢にも思わなかったが、公開できてよかった」と語った。

奥山とは旧知の仲だという佐藤浩市は、本作に出演したきっかけについて「(奥山は)クレイジーな映画ばかり作っている人。武監督とは、彼が助監督だった頃からの付き合い。この二人が作るなら“アナーキー”な映画になると思い参加した」と語る。加藤雅也も「奥山さんとはデビュー作からのお付き合い。武監督とも何本かご一緒させていただいた縁」と語りながらも、「当初は(吹越満が演じた)刑事の役だと聞いていたのに撮影1週間前に突然“ストーカー”役突然変わっていた」衝撃の事実を明かす。「(刑事役として)佐藤浩市さんとやりあえると楽しみにしていたのに……」と悔しさをにじませた。

本作で初の脚本を手掛けた作家の中村文則は「小説の執筆で忙しいのに奥山さんの口車に乗せられ、気付いたら脚本を書くことになっていた!」と振り返り。映画さながらの“クレイジー”な裏話を次々に披露した。

拳銃を拾ったことで運命を大きく変えていく主人公東子。そんな彼女をめぐるクレイジーな人間たちが強烈なパワーで織りなす本作。「まさに、不条理の疾走。コロナ禍の今、抑圧された社会のなかでストレスを感じている人にこそ、見て欲しい。スカっとする映画です」と締め括った。

世界中が未だかつて経験したことのない事態により、生活が一変してしまった 2020年。鬱屈感のなかから生まれる〈狂気〉と人間の内面に秘めた〈したたかさ〉を描く衝撃の問題作。 映画界に大きな打撃を与えた新型コロナウィルス感染拡大。本作は、徐々に息を吹き返しつつある夏の映画興行界の先陣を切って、7月10日(金)より公開となる。

企画・製作:奥山和由 原案:中村文則 監督:武正晴 脚本:中村文則・武正晴 出演:日南響子 加藤雅也 友近 吹越満 佐藤浩市

(C)吉本興業

◆YouTube◆ <予告編>