田中道子 大河ドラマ出演後の変化を明かす

7日、女優の田中道子が、都内で開催された仏自動車メーカー・シトロエンの限定車「シトロエンC3 CAFE EDITION」の発表を記念した1日限定カフェ「LE CAFE CITROEN C3」のレセプションパーティーに出席し、NHK大河ドラマ出演後の待遇改善について明かした。

現在放送中のNHK大河ドラマ『西郷どん』に出演を果たした田中は、その後の様子に「すごく変化がありました」と笑顔を見せ、「まず、お仕事の泊まりの際にホテルの部屋がグレードアップしましたね。それが嬉しくて(笑)」と明かした。

また、幅広い世代の人に「観ているよ」とも言われたそうで、「声援が活力になっています」とも話した。女優の経験としても大きな収穫となったようで、「主役の鈴木亮平さんなど共演者の世代が近かったので、みんなで意見を出し合って、作り上げて。(共演者が)戦友みたいなドラマは初めてだった。思い出に残る貴重な経験でした」と手ごたえを感じた様子を見せていた。

女優としては「夢は大きく、いつか主役をやりたい」とコメント。「アクションドラマにチャレンジしたい」と話した。

車関連のイベントということで、田中は「ドライブは大好きですね」と明かした。理想とするドライブデートについては「夜のドライブで、羽田の人通りの全然ないところを颯爽とドライブしたいですね」と話した。なお、パーティーには、他にモデルの鹿沼憂妃、中川知香、ユージ、元サッカー日本代表の北澤豪氏が来場した。(斎藤雅道)

関連記事

ページ上部へ戻る