「見えちゃう!」原田龍二が“大事な所”が見える危険を冒しながら脱出ゲーム

6日、俳優の原田龍二が公式YouTubeチェンネル「原田龍二の湯~チューブ!」を更新し、「股間が見えたらアウト!お湯が減り原田アウトになる前に手錠の鍵は外せるのか!?」と題して、風呂で脱出ゲームを行った。

ゲームの内容は、原田自身が手錠を付けてアタリを含めた大量のカギを湯船に沈めるというもので、お湯が抜けきり“大事な所”が見えてしまう前にカギを見つけて脱出するというものである。

なにをどう考えてこのような企画になったのか、視聴者も困惑しているようで「謎企画すぎる」「よくこんな企画考えたな」というコメントも。

ロケハンはしていなかったのか「お湯が減るのが早い!」と事前に予測できなかったのかと思う失態を原田は説明。カギも多すぎでなかなか見つからず「違うか、違うな…」「結構カギが多いんだよなあ…」とぼやきながらゲームを行い、結局“大事な所”も見えてしまう。

もちろん“大事な所”には修正がかかっていたが、原田は自分が考えたゲームということで「はあ~」とかなり落胆していた。

ただ無駄にカギの量が多い点と「見えちゃう! 見えちゃう!」と終盤焦っていた様子は視聴者に好評だったようだ。