『大恋愛~僕を忘れる君と』あの感動をもう一度!10年間の奇跡のラブストーリーの特別編を放送

(C)TBS

TBSでは4月期新ドラマの放送が延期となっている中、名作ドラマの強力ラインアップを放送し、みなさまに元気と感動を届けている。6月5日(金)よる10時から『大恋愛~僕を忘れる君と 特別編』を放送することが決定。『大恋愛~僕を忘れる君と』は2018年10月期に放送。数々の人気ドラマの脚本を手掛け、“ラブストーリーの名手”と称される大石静が描く完全オリジナルドラマで、若年性アルツハイマーにおかされる女医・北澤尚(戸田恵梨香)と、彼女を明るくけなげに支え続ける元小説家・間宮真司(ムロツヨシ)の10年にわたる愛の奇跡を描いた王道の純愛ラブストーリーだ。

放送当時は尚と真司の切ない愛の行方だけでなく、二人を取り巻く尚の元婚約者・侑市(松岡昌宏)と尚の母(草刈民代)の恋模様など、SNSなどで大きな反響を呼び、注目を浴びた本作を未公開カット・シーンを含めた特別編としてお届けする。金曜の夜を彩るにふさわしい至極の恋愛ドラマを放送する。

(C)TBS

■あらすじ
北澤尚(戸田恵梨香)34歳。レディースクリニックの医師として忙しく働く充実した日々。雷が落ちたような恋をしたことはないけれど、条件にぴったりの年上の医師・井原侑市(いはら・ゆういち)との婚約が決まり、プライベートも順風満帆だ。結婚式まであと1か月と迫った新居への引越しの日、尚は元小説家で引越しのアルバイトをする無愛想な男・間宮真司(ムロツヨシ)と運命的な出会いをし、二人は恋に落ちる。
初めて本気の恋に突き進む尚と真司だったが、二人の愛を阻むように、尚が若年性アルツハイマー病におかされていることが発覚する・・・。それでも真司は、ピンチを笑いに変えて、明るくけなげに尚を支え続ける。34歳にして、若年性アルツハイマーという病におかされてしまった真っ直ぐな女性と、そんな彼女に 恋をした売れない小説家の、美しくも儚いラブストーリー。真司は、偶然の出会いと尚のアルツハイマー病をきっかけに、お互いを愛することの意味や喜びを知っていく。そして、尚の存在が真司の眠っていた才能を再び呼び起こしていく・・・。尚がいつか自分のことすらも分からなくなる運命の中で、真司が一冊の本に綴る尚と生きる日々と愛の行方・・・。なぜ、何のために、真司はその本を書いたのか? 二人が綴る本当の愛の物語、その結末とは一体?

<戸田恵梨香・ムロツヨシ コメント>

戸田:えー嬉しいなぁ
また尚と真司に会えるのかぁ
あぁ
愛おしい愛おしい愛おしい!!
未公開カットってなに?
何があったっけムロさん

ムロ:いやー嬉しいさぁ
また会えるよ、尚ちゃんに
あぁ
愛おしい愛おしい愛おしい!!
未公開カット? どこだろう?
あそこ、タイトルバックの砂浜の真司の笑顔は未公開にした方がいい、って色んな人に言われるんだ
けど、どーゆーことかな? えりかちゃん

戸田:あぁ
あの引きつった笑顔ねぇ。
けどまぁ私は欲しくなる。
あれがないと始まらないよね。

■番組概要
[タイトル]『大恋愛~僕を忘れる君と 特別編』
「放送日時」6月5日(金)スタート
よる10:00~10:54 ※話数未定
*提供画像 ©TBS