倉科カナ 普段はそば屋で飲んでいると明かす

女優の倉科カナとイラストレーターで俳優のリリー・フランキーが22日、都内で行われた「ボンベイ・サファイア」の期間限定バー「PRIME MOMENT Bar」のオープン記念会見に出席した。

ボンベイ・サファイアを意識したブルーのドレスで登場した倉科は、リリー・フランキーから「どうかと思うぐらいカワイイ」と褒められる。ただ、ひとつだけ欠点があるとも話し、その原因を「ピエール瀧と同じ事務所なんですね」と明かすと、倉科は「いい先輩なんですよ」とフォローした。

また、倉科は休日などの過ごし方について「ぬり絵を始めたんです。すごく楽しんです。家で空いてる時間とかにします」と嬉しそうにコメント。ちなみに「前は写経だった」とのこと。驚愕したリリー・フランキーは「他にやることありません!? こんな美ぼうの人が、それを活かさずに写経とかぬり絵をしているというのがすごく香ばしい」と返し、笑いを誘った。他にも、倉科が普段はそば屋でひとり飲みをよくしているという話を聞くと、「そば屋で飲むって、江戸(時代)の人じゃないですか」とツッコミを入れる場面もあった。

倉科は理想の男性について「私がお酒を飲むので、一緒にお酒が飲める男性」と話し、「バーにも挑戦したいです。ジントニックを目当てに」とお洒落な場所でも飲みたいと明かした。この話を聞いたリリー・フランキーは「いつもは焼酎を麦茶で割って飲んでいるらしいですよ」と秘密を暴露。倉科は「シー! 言わないでください…」と注意したのだった。(斎藤雅道)

関連記事

ページ上部へ戻る