ウーマン村本 自粛しない飲食店への攻撃に「クレーム入れるやつも無自覚な人殺しだ」

20日、お笑いコンビ・ウーマンラッシュアワーの村本大輔が、自身のTwitterで行き過ぎた同調圧力に異論をとなえた。

7日に安倍晋三首相が緊急事態宣言を最初に発令してから2週間が経過したが、多くの飲食店が休業、もしくは時間短縮営業という形で対応している。しかし、通常営業している店舗もまだあり、そういった店に向けての自粛違反者叩きが、報道などで問題視されるケースもある。

また大阪府では、府のコールセンターに「対象の店が営業している」といった通報が20日までに500件以上寄せられたことがわかるなど、営業をしている店舗への近隣住民の目は確実に厳しくなっている。

この問題に対し村本は「レストランを空ける店主を『誰かを殺す人殺し』だと言うなら、店閉めろとクレーム入れるやつも無自覚な人殺しだ。店主は従業員の人生を背負ってる。バイトもない家賃も払えない10万の借金があり補償じゃ足りない。実家にも戻れない。『店にきて』と言えず店を開けてる人の気持ちを大切に」と持論を語った。