さんま御殿!大好評世代間バトル、中村倫也が「すっげーむかついた」こととは?

©日本テレビ

4月21日の「超踊る!さんま御殿!!」は3時間スペシャル。「中村倫也と春満開美女&大物2世ぶっちゃけ祭り」と題し、3ブロックに分かれて話題の芸能人たちが続々登場する。

「世代間トークバトル」では、69歳の梅沢富美男から9歳の粟野咲莉まで幅広い年齢層の芸能人が集結。これまで若いゲストが来るたびに流行の若者言葉をさんまに教えてきたが、今回は末吉9太郎(CUBERS)が「それなー!」「沸いたー!」の使い方を伝授する。“めるる”こと生見愛瑠らからも、“ハマっている”ことを「沼」と言うなど若いゲストたちから続々流行語が飛び出すも、さんまや年配ゲストたちはついていけず大困惑。梅沢が「笑う」を表す「草」を知ってることを自慢するも、粟野から「(説明が)違います」と冷静にたしなめられてしまう場面も。さらに若者たちの言動が理解できない松鳳山や若槻千夏らから不満が噴出。そしてチョコレートプラネット松尾は、何回教えても正しい「TT兄弟」のリズムが取れない梅沢に、梅沢のモノマネでブチギレる!

©日本テレビ

「2世」ブロックでは、個性豊かな芸能人の子どもたちにさんまも興味津々。さんまと若い頃に交流があった、いっこく堂の娘・夢弓、母・マリアンにそっくり過ぎるAmi、父・松尾貴史が「(自分に)めちゃめちゃ甘い」と嘆く岸天智など、芸能人ならではの一風変わった子育てや世間が知らない“親の顔”エピソードがどんどん飛び出す。西尾拓美と西村知美の娘でまだ高校生の西尾咲々は、“天然”で知られる母が「カッパ捕獲の資格を持っている」と言い出しスタジオ中が騒然。藤岡弘、は娘・天翔愛に家の外では「社長」と呼ばせていたという。その意外な理由とは……。林家正蔵の息子・林家たま平と、峰竜太&海老名美どり夫妻の長男・下嶋兄は、従兄弟同士にも関わらず、今年の正月を“何年かぶり”に一緒に過ごしたことを告白。「久々に海老名家が緊張に包まれた」という話にさんまは「いろいろあったから」と苦笑してしまう。そのほか、Mattは“ミスター”こと長嶋茂雄が父・桑田真澄に「Mattいいね」と告げたことを知って大喜び。また、かつてはメイクについて「薄くしなさい」と言っていた父からまさかの言葉が飛び出したことを明かす。

「話題の有名人」ブロックには、日曜ドラマ『美食探偵 明智五郎』から、主演の中村倫也をはじめ、小芝風花、北村有起哉、富田望生と俳優陣がズラリ。番組おなじみのヒロミ、滝沢カレン、織田信成、さらにアンタッチャブル柴田が13年ぶりの登場、「ぐるナイ 新春おもしろ荘」優勝コンビ・エイトブリッジが初登場と、賑やかなメンバーでお送りする。「自分は人間がちっちゃいなと思った時」というトークテーマではヒロミが、ネットニュースにもなった自身主催の「八王子会」裏側を告白。高橋みなみ、ROLAND、フワちゃん、ファンキー加藤など、八王子出身の豪華メンバーが集まったにも関わらず、ヒロミはとある理由からアンジャッシュの2人を呼ばないよう指示。果たしてなぜなのか。

中村は現在共演している劇団EXILE・佐藤寛太について「困っていてもほっといてしまう」と自分の小ささを反省。さらに、あるコトを周囲から聞かれすぎて、「すっげームカついた」と思わず本音が飛び出してしまう。また、小柴の「母が買ってくれた“ちゃんとした”下着をはけなかった」というエピソードはさんまをはじめ男性陣がザワザワ。その後も小柴のかわいらしい仕草にさんまはメロメロに。エイトブリッジ別府は10年前に別れた彼女が忘れられないという切ないエピソードを披露。そのほか仰天エピソードが盛りだくさんの3時間。見逃せない!

「超踊る!さんま御殿! 中村倫也と春満開美女 大物2世ぶっちゃけ祭り」
4月21日(火)19時56分~22時54分放送

<司会>
明石家さんま

■【話題の有名人】(順不同・敬省略)
中村倫也
小芝風花
北村有起哉
富田望生
エイトブリッジ
織田信成
柴田英嗣(アンタッチャブル)
滝沢カレン
ヒロミ

■【世代間トークバトル】(五十音順・敬省略)
粟野咲莉
梅沢富美男
大久保佳代子
小坂菜緒(日向坂46)
櫻井淳子
佐々木久美(日向坂46)
松鳳山
末吉9太郎(CUBERS)
チョコレートプラネット
西野未姫
生見愛瑠
若槻千夏

■【2世】(五十音順・敬省略)
Ami
佳久 創
岸 天智
圭叶(KEYKA)
小柳 心
下嶋 兄
高橋真麻
天翔 愛
西尾咲々
林家たま平
Matt
薬丸玲美
夢弓
*提供画像 ©日本テレビ