『月とオオカミちゃん』最終話 衝撃の結末に視聴者も絶句!スタジオ陣も大号泣

AbemaTVが、3月29日(日)に「AbemaSPECIAL」にてオリジナル恋愛リアリティーショー『月とオオカミちゃんには騙されない』の最終話“運命の最終告白1時間SP”を放送した。

本放送では、前回に引き続き俳優の神尾楓珠がスペシャルゲストとして出演。泣いても笑っても最後となる“最終告白”の模様、そして“オオカミちゃん”はいったい誰だったのか…?衝撃のラストをスタジオMCの松田凌、Dream Ami、飯豊まりえとともに見守った。

■最も“オオカミちゃん”だと疑われた!?ヒナの嬉しい“裏切り”にMC陣が狂喜乱舞!

最終話にて、いよいよ“最終告白”のときを迎えた10人。男性メンバーからの告白となる今回は、告白を受ける女性メンバーがオオカミちゃんの着ぐるみを着て、赤い風船を手に持ち、男性メンバーからの告白に対しOKだった場合、風船を相手へ渡しオオカミちゃんだった場合はその風船を手放す。

<11人のプロフィール>

一面雪に覆われた銀世界を舞台に、まずはルーク(MEN’S NON-NO専属モデル)がりおん(Seventeen専属モデル)の元へと向かう。ルークが「共通点とか、お互いの好きなこととか、一緒の部分があるなと思って。話してるうちに俺の中で、りおんが気になる存在になっていきました。りおんがオオカミちゃんじゃないって信じてます」と告げ、手を差し出すと、りおんは風船をルークに手渡し、「オオカミちゃんじゃないです。スケボーを一緒にしてくれたり、釣り堀連れてってくれたり、ルークといるときが本当に楽しかった。だから、これから、友達としてたくさん遊んだりしたいです」と応えた。「よかった…」と、声を震わせ喜ぶルークと、笑顔のりおんに、スタジオからは「お似
合い!」「おめでとう!」と祝福の声が上がった。

続いて、第一印象からずっと一途な想いを貫くコアが、ヒナに告白。コアは「正直いろいろあったし、俺も遠回りしたかもしれないけど、これがベストな答えだって俺自身思ってるし、ヒナにとってもそうであってほしい。これからももっとヒナのこと知りたいと思うし、できたら隣にいたいなって思う。オオカミちゃんかどうか、中間(告白)のときにも言ったけど、信じてるとかじゃなくて、全部知ってるんで安心してください」と、一貫したヒナへの想いを告白。スタジオが固唾を呑んで見守る中、ヒナはコアに風船を渡し、着ぐるみの頭を脱ぐと「オオカミちゃんじゃありません」と満面の笑みを見せた。これまで幾度となくスタジオ陣から“オオカミちゃん説”が浮上してきたヒナの真相に、スタジオ陣は「えー!?」「すげぇ!」「マジか!」と驚愕し、Dream Amiは「やったー!」と喜びを爆発。良い意味でMC陣の予想を裏切り、見事ハッピーエンドを迎えた2人に拍手喝采が贈られた。コア&ヒナの劇的なラストに、視聴者からは「本当に推しの美男美女カップル」「コアが最後までヒナのことを想ってたことに感動しちゃった涙」と、2人を祝福する声が殺到した。

■あずさ「自分がオオカミちゃんだとナナちゃんに告げる」確固たる決意を胸に“失格”

次に、あずさへの告白を決意したしょうたろうが告白の場に現れるが、そこにあずさの姿はなく、代わりに一通の手紙が。そこには「今日この場所に立つ前に、どうしてもやらなければいけないと決めていたことがありました」と記され、第12話でのあずさの月LINEはナナへ送られていたこと、そこでナナヘ自分がオオカミちゃんだったことを打ち明けたこと、そして、ナナの脱落後、あずさは誰もいないアトリエでナナのドレスを作っていたことが明らかになり。手紙には、「ナナちゃんの復活が叶わなかった場合、自分がオオカミちゃんだということをナナちゃんに告げる」というあずさの決意とともに、しょうたろうへの謝罪と感謝の言葉が綴られていた。ここで、最終告白の前に自ら“オオカミちゃん”であることを明かしてしまったあずさは、規定違反により失格となった。

■りこ「私はダメなオオカミちゃんでした…」衝撃の事実にスタジオ大号泣 飯豊まりえ「過去イチ泣いたかも…」

続く、りょうすけが「中間告白のときに、一緒にいられたら良いねって話をしたと思うんだけど、これからも2人で笑えたらなって思います。りこはオオカミじゃないと思っています」と、りこに告白し手を差し出しすが、りこは風船を手放し、その場を去ります。予期しなかった事実を前に、これまで“この2人は安泰だ”と見守ってきたMCメンバーは絶句…。りこからの手紙には「私は本当ならここに立つ資格すらない。ダメなオオカミちゃんでした。本来なら私は、あの“月LINE”のとき、失格していたはずだから…」と書かれ、第12話でりょうすけが送っていた“月LINE”の相手がりこだったことが明らかに。“月LINEデート”当日、バレンタインのお返しにプレゼントを渡し、「来年もりこからバレンタイン(チョコ)が欲しい」とりょうすけが話すと、りこは答えを濁しながらも「じゃあ、これだけは言ってあげるよ。…私は、もう一回冬が来ても、りょうすけを選んでたと思う」と告げると、溢れてくる涙をこらえきれず「やばい、涙出てきた」と顔を伏せ、号泣してしまう。そんなりこを見たりょうすけは「オオカミちゃんだったらさ…。やっぱいいや」と、核心を突かずあえて言葉を飲み込んだ。りこは、手紙でこのときを振り返り、「あのとき私が泣いたことで、りょうすけくんはオオカミちゃんだと気づいたはずです。それなのに私の涙に気づかないふりをして、私の役を全うさせようとしてくれた。自分が辛いとか、そんなことよりも先に私のことを考えてくれていた」と、りょうすけの優しさを称えると、続けて「2人で手を繋いで見上げたあの月は、私が今までに見た月の中で一番綺麗でした」と、最後の気持ちを綴った。

悲しい恋の終わりに、「楽しかったな」と呟き、嗚咽を漏らすりょうすけ。明るい未来が予想されていた“そたりこ”の切なすぎる結末に、スタジオメンバーも大号泣。飯豊は「すごいな、これ…。過去イチ泣いたかもしれない」と声を震わせ、視聴者からは「こんなに泣いた“オオカミ”シリーズは初めて…」「2人のことがさらに好きになった!」「素敵な冬をありがとう」といった、2人の未来を応援する声が多数寄せられた。

■ナナを信じ続けたとおる…ナナからの手紙に笑顔を浮かべる

そして、誰にも告白せず、“ナナがオオカミちゃんかどうか”知ることを選択したとおる。ナナからの手紙には「とおるくんとは料理も一緒にしたし、念願だったテニスもできたし、とおるくんやみんなと過ごした楽しい時間のおかげで、私は少しの後悔もありません。ありがとう」と感謝の言葉が記され、「私はオオカミちゃんではありませんでした」と、ナナがオオカミちゃんではなかったことが明らかになると、とおるは安堵の表情を浮かべた。ナナは「でも、正直そのことは私にとってそんなに大切じゃない気がしています。私がオオカミちゃんじゃなかったことも、他の誰かがオオカミちゃんだってことも、この冬の楽しい思い出の中ではそんなに重要じゃないはずです。だって私の中にあるみんなとの時間は誰がオオカミちゃんだったとしてもかけがえのないものだから」と、手紙の中で、11人のメンバー全員で過ごした“特別な冬”へ想いを語り、最終告白は幕を閉じた。

最終回を見届けたDream Amiは「(ナナの手紙の通り)誰が“オオカミちゃん”なのかとか、本当に関係ない。11人のかけがえのないキレイな時間があったんだなってすごく思ったし、“オオカミちゃん”を背負ってた子も、自分の役割は“オオカミちゃん”だけど、それを超えた絆がちゃんとあった」と、11人のメンバーが築き上げた特別な時間や関係性を称賛。一方、松田は、りこが“オオカミちゃん”であると判明したときのりょうすけの反応に触れ、「あの瞬間、本当すごかったね。お芝居じゃ描けない、本物だからこそさ、りこちゃんとりょうすけの2人の心のやりとりみたいなのが、たまんなかったです」と、絶賛した。また、スペシャルゲストとしてついに最終回まで見届けた神尾は「本当に楽しかったです。恋愛ってこうだよな~って思うことがいっぱいあった」と感慨深げに語り、波乱の展開を見せ続けた『月とオオカミちゃんには騙されない』の余韻に浸った。

※太陽LINE:デートの誘いが全員に通知され、誰でもそのデートに参加できる
※月LINE:LINEを送った相手にだけ内容が公開され、2人きりでの密会が可能となる

なお、現在「Abemaビデオ」にて配信中の最終回“完全版”では、『月とオオカミちゃんには騙されない スペシャルエピローグ』と題し、最終告白を終えたりこの心境や未公開映像を限定公開中。さらに、シリーズ次回作の予告情報も…! 気になる内容は「Abemaビデオ」にて放送後7日間、無料で視聴可能だ。

▼Abemaビデオ『月とオオカミちゃんには騙されない』 最終回完全版
https://abema.tv/video/episode/90-1332_s1_p131

『月とオオカミちゃんには騙されない』番組で最多となる、50万フォロワーを突破するなど幅広い年齢の視聴者に支持されている。
公式インスタグラム:https://www.instagram.com/ookami_official/

■AbemaTV『月とオオカミちゃんには騙されない』 番組概要
放送日時:2020年3月29日(日)よる10時~
※提供画像 (C)AbemaTV