いきなりマリッジ3“ハイスペ夫婦編”最終話結婚に悩む全ての人に観てほしい神回

AbemaTVが 3月21日(土)よる10時より「AbemaSPECIAL」にて、オリジナル結婚リアリティーショー『いきなりマリッジ3』“ハイスペ夫婦編”の最終話を放送した。

『いきなりマリッジ』シリーズは、2組の男女が初対面でいきなり結婚式を行い、その後30日間の新婚(同棲)生活を経て、晴れて本当の夫婦になるのか?それとも別れを選択するのか?その一部始終に密着する結婚リアリティーショー。本番組では、交際期間ナシの「0(ゼロ)日婚」よりさらに過激な「初対面婚」をコンセプトとし、恋愛リアリティーショーとは一線を画す、赤裸々な新婚生活を覗き見できるところが見どころとなっている。初回シリーズからシリーズ2作目にかけて、視聴者数は300%増え、女性視聴者に留まらず男性視聴者数が全体の約3分の1を占めるなど、毎シリーズ大きな反響を呼んでいる。

■家事や育児「“女がやるもの”と思ってほしくない」“家庭に興味がある人”を望む美尻妻の決断とは…?

ついに30日の新婚生活を終えて“結婚”か“別れ”を決める最終回の放送では、番組MCの陣内智則、紗栄子と共に、スペシャルゲストの杉浦太陽が、ハイスペックカップルの“最後の決断”を見守った。

新婚生活も28日目、新婦・ナツキ(フィットネスインストラクター/29歳)は、新郎・タケル(ヘアメイクアップアーティスト/33歳)の働く美容室へ。ナツキはタケルにヘアメイクを施してもらい、フォーマルな衣装に身を包んだ2人は、仲良くディナーデートに繰り出しました。お店では豪華なディナーを楽しみながら最終決断に向けてより真剣に“結婚観”について話し合う。「(ナツキの)お母さんたちと話してから、よりリアルに考えるようになってきて」と真剣な表情で話し始めたタケルは、箱根旅行できちんと話せなかった、子どもについてや生活水準など“人生設計”について私感を述べた。また、タケルがナツキへ“結婚の条件”について問うと、「家庭に興味がある人。子育てをしっかり協力してくれる人がいいかな。ご飯とかもそうだけど、それを“女がやるもの”って思ってほしくないかも。私が働かなくてもいいぐ
らい稼いで帰ってきてくれるならいいけどね」と、回答。ナツキは以前からお金について話題にすることが多く、それは自身の両親の離婚に関係するものだったことが明らかとなり、「もちろん、それだけで人を見てないけど、『そこ(お金)じゃないよ!』って言う人とは、ちょっと違うかも」と、持論を述べた。

そして、迎えた新婚生活最後の夜。お互い丸一日仕事をしたあと、ナツキお手製のおつまみと共に晩酌を楽しんでいると、みながら、30日間の思い出を振り返るのも束の間、突如泣き出したナツキは「もっと上手くできたんじゃないかな?とか…そういう反省が、私は今日レッスンを移動しながらずっと思ってて」と打ち明けた。涙ながらに後悔ばかりを口にするナツキに対し、タケルは「結局どんな道を選んでも、今ここにいて、一緒にお酒を飲んで話せてることが正解だったと思うから。なっちゃんが居てくれたことが1番良かったって思えるから、それはいらないんじゃない?色々あったけど、本当に嫌だとは思わなかったから」と慰めの言葉をかけ、ナツキを落ち着かせた。

その後、夜も深くなり、タケルが「もう12時やん。あとちょっとやん…なんか嫌だね、こういうカウントするの…」と名残惜しそうに話すと、タケルはこの新婚生活で初めて「最後は一緒に寝ようよ。今日はゆっくりできるからさ」と、一緒のベッドで眠る事を提案し、ナツキは照れたように微笑むと「うん、そうだね」と答え、2人は最後の夜を共に過ごした。

タイムリミットが迫っているからこそ、いつもと違う雰囲気の2人に、紗栄子は「今のVTRを見て、これで成立しないってことあるの!?ってちょっと思っちゃったんですけど…。今後の話とかもタケルくんしてたじゃないですか?」と話し、涙するナツキに対して、未来に向けた言葉を投げかけたタケルへ期待を語った。一方、タケルが過去のインタビューで懸念していた、「ドキドキがない」という言葉に強い共感を抱く陣内は、「すごく良いカップルだし、お互いの無いところを補って…。ただ、恋愛ってなったときのドキドキ感は、確かにお互いあったのかな?」と率直な感想を述べた。そして、ナツキが涙を流した事について問われた杉浦は、「(自分だったら)ちょっと不安になるかな。今までの時間もあったし、男としては今までの振り返りは終わってる中で…それで『反省してる』ってことは、『え、これ今日でラストなのかな?』って。だから(タケルは)『これから2人で直していけばいいじゃん?』って言葉だから…タケルはめちゃめちゃいい男ですよ!」と2人の未来を応援した。

■杉浦太陽は「人を幸せにできる番組」と大絶賛!『いきマリ』続編に陣内&紗栄子が期待

いよいよ最終決断の朝、まずはタケルが意を決したように口を開き、「30日間、まずありがとう。応募してくれてありがとうって思ってる。なっちゃんと出会えてよかった」とナツキへの感謝の言葉を述べると、ナツキも「誰かと一緒に楽しめるってすごく素敵。夫婦ってすごく素敵なんだなっていう憧れが実感できた」と、タケルへ感謝の言葉を返した。そんな感謝を口にした2人が出した決断とは…? これまで、自身もいち視聴者として数々のカップルを見届けてきた紗栄子は、「こうやってたくさんのカップルを見せていただいているからこそ、30日でもし結婚したら本当に奇跡みたいなことなんだな」と改めて結婚の難しさを示唆すると、杉浦も“結婚のリアル”に挑み続ける番組に対し「人を幸せにできる番組って素敵ですね」と称賛の声を贈り、続編への期待を込めた。

▼Abemaビデオ『いきなりマリッジ3』最終話
https://abema.tv/video/episode/90-1329_s1_p19

■AbemaTV『いきなりマリッジ3』 番組概要
放送開始日時:3月21日(土)夜10時~夜10時30分
放送チャンネル:AbemaSPECIAL
今回放送URL
https://abema.tv/channels/abema-special/slots/BGDMDjRwFR5yD9
※提供画像(C)AbemaTV