『いきなりマリッジ3』21日最終回!決断日まで残りわずか、義祖母の“ムコ殿”定めはいかに!

AbemaTVが、3月14日(土)よる10時より「AbemaSPECIAL」にて、オリジナル結婚リアリティーショー『いきなりマリッジ3』の“ハイスぺ夫婦編”第9話を放送した。

『いきなりマリッジ』シリーズは、2組の男女が初対面でいきなり結婚式を行い、その後30日間の新婚(同棲)生活を経て、晴れて本当の夫婦になるのか?それとも別れを選択するのか?その一部始終に密着する結婚リアリティーショー。本番組では、交際期間ナシの「0(ゼロ)日婚」よりさらに過激な「初対面婚」をコンセプトとし、恋愛リアリティーショーとは一線を画す、赤裸々な新婚生活を覗き見できるところが見どころとなっている。初回シリーズからシリーズ2作目にかけて、視聴者数は300%増え、女性視聴者に留まらず男性視聴者数が全体の約3分の1を占めるなど、毎シリーズ大きな反響を呼んでいる。

▼Abemaビデオ
https://abema.tv/video/episode/90-1329_s1_p18

■杉浦太陽、妻・辻希美と喧嘩した時のルールを告白!「イラついたら明日言え」

3月14日(土)の放送では、番組MCの陣内智則、紗栄子と共に、杉浦太陽をスペシャルゲストとして迎え、“ハイスペカップル”が人生設計について討論する様子を見守った。

新婚生活も24日目、新郎・タケル(ヘアメイクアップアーティスト/33歳)と新婦・ナツキ(フィットネスインストラクター/29歳)は、1泊2日の箱根旅行へ。宿に到着すると、2人は浴衣に着替えさっそく夕食をとることに。ナツキがインストラクターの先輩たちと飲んだ時の話を始め、「お母さんがいっぱいなの、私のまわりには」、「自分の意志でも決めたいけど、自分の意志だけじゃ決めたくない」と周りからの了承も得て結婚に踏み切りたい旨を告げると、タケルも「まわりがダメって言ったら、あたしも絶対だめだと思う」と同意した。

改めて結婚について意見を交わした2人は、料理で満たされた後、客室露天風呂でお風呂タイムに。2人でお風呂に入る姿を見たスタジオメンバーは「これ、ドキドキしますよね!」と大興奮。しかし、そこで2人史上最大のぶつかり合いが発生する。日本酒に舌鼓を打ちつつ2人で湯船に浸かっていると、話は“今後の人生設計”のほうへ。「私はすごく子供が欲しい」と口を開いたナツキは、タケルが何歳までに子どもが欲しいのか、ナツキが産休や育休などで収入が減っている間はどうするか、など具体的に質問していく。それに対しタケルが真摯に答えていくも、お酒の力もあってかナツキの質問はヒートアップ。しまいには、タケルの発言に対し「私を否定している言い方!」とあわや喧嘩になりそうな雰囲気に。それを察してか、タケルは「今日はここまでにしよう」と話を切り上げると、露天風呂を1人で出てしまった。廊下で休んでいたタケルは「このまま話していても絶対意味はないと思ったんで、とりあえず無理矢理でも終わらせないとなって」と、話しを切り上げた経緯を話した。

一方、部屋に残ったナツキは「10%ぐらいのすごく嫌なナツキが出てる。こういう自分がすごく嫌なんですよ…」と、自己嫌悪に陥り涙を流した。その日は会話のきっかけを掴めず重い空気のままだったが、翌朝朝食の席でナツキが思い切って「昨日は結構強い言い方しちゃったと思うんだ。ごめんね」と謝るとタケルも「いつも通りだから気にせんといて」と、無事に仲直りすることができた。

2人の露天風呂での会話を聞いた杉浦は、「真剣に考えてるからこその話し合いだったけど、ちょっとお酒の力が強すぎたかなって感じた。100点の返しをタケルくんはしてたから、それに対して『本心で話せ』って言われたら『おい、ちょっと待てや!』ってなる」と男性側の立場を述べた。紗栄子も、「タケルくんが正解だと思いました。あのまま向き合ったってずっと言い合いになっちゃうだけだし。彼女が結果反省したじゃないですか。あれはタケルくんの方がすごい。ちゃんと(ナツキ自身に)思わせて、自分で反省させて謝らせた」と、タケルの対応を称賛した。また、喧嘩したときの対応として、杉浦は妻である辻希美との“夫婦ルール”を告白。「うちの“夫婦ルール”で、『イラついたとき、言いたいことは明日言え』っていうのがあります。熱量が入った状態で言うと絶対バチバチするから、明日までイラついてたら言おうって。無駄な喧嘩しないように」と、仲良くいるためのルールを打ち明けた。

■紗栄子、笑いあり・涙ありの新婚生活に称賛の声「正しい段階を踏んで進んできてる」

次の日、2人は挨拶のためナツキの母と祖母のもとへ訪れる。4人で夕食を囲んでいると、ナツキの母・ヒデヨさんが「振り回してるでしょ?(ナツキの)取扱い説明書付けなきゃ」と話しを切り出し、タケルは「お会いしたときから素直で、嘘が本当にいつもないのがありがたくて」と返答。この言葉に笑顔を見せたナツキの祖母・クニコさんは、「この人(ナツキ)をどうこうするって難しいわね。ぞっこん惚れてくれて、この子の言うこと何でも聞く人なら別だけど、そこは中々難しいと思いますよ」と、ナツキの性格を良く知る者として率直な意見を述べた。その後、タケルの仕事の話や、結婚生活について話しつつ、タケルの優しさを感じた祖母・クニコさんは「自分で返事したことは自分で責任持たないとね。いいご縁があったというか、大事にしないと。バチが当たるよ」と言うと、「私はあなた(ナツキ)が良ければ、どうぞ。わたしはこの通りだから」とタケルに好印象を抱いた様子。箱根旅行の際に「ママとかおばあちゃんがアカンって言ったら、わたしもアカンのよ」と話していたナツキだが、祖母・クニコさんからお墨付きをもらい、和やかな雰囲気のまま食事会を終えた。

無事に実家への挨拶を済ませた2人について杉浦は、「(タケルは)男気があるなと思った。上手くいってほしい!あのおばあちゃんの笑顔が見たいし、『おめでとう』って言ってほしい。めちゃめちゃ気に入ってたじゃないですか」と、祖母・クニコさんからお墨付きをもらったタケルを絶賛。さらに、肝心の2人の結婚に関しては「(結婚)するんじゃないですか?上手くいってほしい!」と期待を寄せた。また、今回激しく衝突した2人について、紗栄子は「正しい段階を踏んで進んできてるなって思います。キラキラしてるところだけじゃなく、お互いの嫌なところもちゃんとぶつかりながら解決して。この1ヵ月の中で、2人はちゃんと色んな事を乗り越えてきた」と、これまでの2人の結婚生活を感慨深げに振り返った。

次回はいよいよ最終回。最終日を直前に控え、「最後は一緒に寝よう」と寝室を共にした2人は…? AbemaTV公式YouTubeチャンネルでは、ナツキが話題に挙げた“体の相性”に関するアンケートを実施。「結婚相手を選ぶ際、“体の相性”を重視するか?」の問いに対し1600件超の回答が集まり、なんと半数以上が「重視する」と回答する結果に。「重視する」を選択した理由として「1番大事なこと」「体の相性は大切。合わないと冷めちゃう」と意見が上がる中、「好きならあまり気にならないかも」という反対意見も見受けられた。

タケルとナツキは『いきなりマリッジ』シリーズ史上初の夫婦成立となるのか、運命の決断はいかに? 気になる次回は、3月21日(土)よる10時より放送。なお、“ハイスぺ夫婦”編第9話は、「Abemaビデオ」および「AbemaTV」公式YouTubeチャンネルにて配信中。

■AbemaTV『いきなりマリッジ3』 番組概要
最終回開始日時:3月21日(土)夜10時~
放送チャンネル:AbemaSPECIAL
次回放送URL
https://abema.tv/channels/abema-special/slots/BGDMDjRwFR5yD9
※提供画像 (C)AbemaTV