稲垣、香取、草なぎそれぞれの10億円の使い方

元SMAPで昨年9月にジャニーズ事務所を退所した稲垣吾郎、香取慎吾、草なぎ剛が、数字選択式宝くじ、ロト・ナンバーズの新CMキャラクターに就任。6日、都内で開かれた「ロト・ナンバーズ 新CMキャラクター発表会」に出席した。

3人はCM時の服装と同じく、稲垣は「56」(ゴロー)、香取は「405」(シンゴ)、草なぎは「244」(ツヨシ)の数字が大きくプリントされたパーカーを着て登壇。ジャニーズ退所後、3人そろった初CMとなる本作での関係性は、“ロトもだち”だ。

最高当選金額10億円にちなんで、トークセッションで「10億円が当たったらやりたいこと」を問われると、稲垣は「映画を作る」、香取は「スタジオを作る」と芸能活動に役立つことを挙げた一方で、草なぎは「ヴィンテージデニム。」と趣味に費やす答え。稲垣が「スタジオも映画も、みんなの役立つものなのにねぇ」と嫌味混じりで苦笑すると、草なぎは、「僕だけ自分のことになっちゃった。2人とも打ち合わせしたんじゃないの? いい子ちゃんして~っ」と疑いの目を向けた。その草なぎは、「10億円が当たったときのリアクション」を司会者から2回も無茶ぶりされるも、大声をあげながらのオーバーリアクションで応じるノリの良さを見せた。

気になるプライベートの一面も明かされた。香取から、「さっきまで舞台(『バリーターク』)をやってから(ここに)来てるから、テンション高いんだよね」と指摘された草なぎは、GWのような休日があると「横浜に行きたい」と答えた。主演舞台のため、およそ1か月もKAAT神奈川芸術劇場に通っていたのが、その理由だ。「KAATの劇場に住みたいです。今日はこの発表会とAbema(TV※同会見は3人の月1レギュラー番組『7.2新しい別の窓』内で生配信された)があったんで辛うじて来ましたけど、ほんとは楽屋で寝て帰ろうかと。それぐらい好きになりました」と、横浜愛を明かした。ちなみに横浜まで毎日、電車で通っていたという。

また、発表会があった5月6日は“ゴローの日”だが、稲垣は普段から“56”を意識しているという。香取から、「今回知ったんですけど、ほんとに56っていうネックレスを作ったりしてるみたいで。ネックレスをオリジナルでしてるって聞いて、僕は恥ずかしいなと思った」と笑いを誘った。

最後に、記者からTOKIOの騒動に聞かれると、代表して香取が「応援してくださってるファンのみなさんは、ちょっと下を向いてるときなのかなぁと思うので、ファンの方が上を向いて笑顔になれるよう、みなさんに頑張ってほしい」と、かつての後輩たちを労った。

なお、新CMは5月10日以降に順次放映。Web限定ムービーはすでに先行公開されている。(伊藤雅奈子)

関連記事

ページ上部へ戻る