横浜流星 「大阪の美味しい焼き肉屋さん……印象に残っています」

クリスチャンディオールは3月1日(日)から3月15日(日)まで大阪、阪急うめだ本店にて、「ディオール、パリから日本へ」展を開催中。それに先立ち、3月1日(日)に同会場にて、ディオールファッションのジャパンアンバサダーの新木優子と、メンズ初の同アンバサダーに就任した俳優の横浜流星が出席した、メディア向けプレビューを開催した。

新木は2018-2019秋冬オートクチュールコレクションから、サンドピンクのカラーで、すそに向かって広がる美しいシルエットのドレスを纏い、横浜はムッシュディオールにとって特別な色であるグレーのカラーで、ディオールが提案する「ニューテーラリング」を象徴したデザインであるスーツのセットアップを着用し、オートクチュールのドレスが並ぶ桜の木の前に登場した。

MCから2人へ衣装のポイントや、アンバサダー就任への想い、さらに、今回の展示会のために収録された新木と横浜によるオーディオガイドについて2人に収録のエピソードを聞いた。新木は、自身の収録よりも一足先に収録を終えた横浜のガイドを聞いて「とても素敵だったので実は少しプレッシャーに感じてしまいました」と裏話のエピソードなども披露した。

今回の世界初の展覧会が、関西で開催されるにあたって、関西でのエピソードや関西の方々に対しての印象を聞いたところ、新木は「関西の方からもらう声援はとてもパワーがあり、SNSでのコメントやショーに来た際に、いつも元気をもらっています」とコメントした。横浜は「空手の大会で関西に来た際に、いつも無口な父が大阪の美味しい焼肉屋さんに連れて行ってくれたことが嬉しくて、印象に残っています」と関西での思い出深いエピソードを披露した。