ぺこぱ バラエティ番組で「シュウペイポーズに救われた」

19日、都内で、日本のキャッシュレス推進を考える「Visaキャッシュレス推進プロジェクト 2020」が行われ、優しい世界を作り出すツッコミレスでキャッシュレスなナビゲーターに就任した、お笑い芸人ぺこぱの松陰寺太勇とシュウペイが登場した。

登場したぺこぱの2人は、持ち前のネタで飛ばしまくるが、こういった企業のイベントは2回目との事で松陰寺は「気づいたらどこの現場よりもガチガチになっている」と気持ちを明かし「みなさん、お手、やわ、らかに、ヒュー」とネタを披露した。

<写真 このイベントその他18枚>

現金とキャシュレスどちらをメインで使っているかの質問にシュウペイはあっさり「現金を使う方が正直多いかな」と答えてしまい、これにMCと松陰寺は苦笑い……どうやらシュウペイがネタを披露しながら答えるハズだったようで、慌てて松陰寺が「時を戻そう」でやり直しになった。ネタをやり忘れたシュウペイは「僕もびっくりしましたね、記者さん、ここはなんとか空気読んでくださ~い」とポンコツぶりを発揮した。

世の中、完全にキャッシュレスになったら何が変わるか?の質問に松陰寺は「ドラマとかで、銀行強盗行くじゃないですか、バック持ってくじゃないですか、あのバックないですよね!たぶん手ぶらで行きますよね、で『カード(出せ)』って事になりますよね」と言い、シュウペイは「Mr.マリックさんの営業が減るんじゃないですか!(手品ネタ披露で)『500円玉持ってますか?』ってやっても、ほとんどの人が持ってないという事になりますよね」と何故かマリックを心配した。

「時を戻そう」のキーワードについて、これまでの人生の中でもっとも「時を戻したい」と思ったのはどんな時の質問には、シュウペイが「中学1年の時に、初めてガールフレンドと遊園地デートに行き、怖いのは苦手なんだけど、彼女の前でカッコ付けたくてフリーフォールに乗ったんだけど、バーンと落ちた瞬間、本当に怖くて彼女の前で泣いちゃった」とまさかの告白!すかさず松陰寺は「弱みを見せるのも男だ!」とフォローしたが、会場には微妙な空気に包まれた。

また、誰かに手助けされて救われたなぁ~と思う経験について松陰寺が、「今、色んなバラエティ番組に出させてもらってて、やっぱりトークとかもうまく行かない事もあるんですよ!どうしたらいいんだろう!って時に相方の『シュウペイポーズ』っていうのに救われる」と明かし、すかさずシュウペイが「これですみなさ~ん」とシュウペイポーズを披露したがまったく笑いが起きない会場に「ホントなんです!ホントにこれで救われたんですよ」と必至に答える松陰寺だった。