【是永瞳インタビュー】わたしを変えた「ミス美しい20代コンテスト」

2016年にオスカープロモーションが主催する「第1回 ミス美しい20代コンテスト」でグランプリを獲得し、翌年『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』で女優デビュー。現在、特技の空手経験をいかし、2020年に開催される東京オリンピックの空手スペシャルアンバサダーも務める女優の是永瞳が、その後の自身の生活の変化を振り返りつつ、今年もモデル・女優を目指す20代の女性を対象に開催される「第2回 ミス美しい20代コンテスト」の応募者へエールを送った。

今年も20歳から29歳までの独身女性を対象に行われる「ミス美しい20代コンテスト」。応募期間は4月1日から6月30日までで、グランプリ獲得者には賞金300万円が贈呈されるほか、オスカープロモーションに所属してその後の芸能活動の道も約束される。是永は昨年2016年にこのコンテストで応募総数40,018通の中からグランプリを獲得。オスカープロモーション期待の新人女優として世間の注目を集めている。

—— 前回グランプリの是永さんの口から「ミス美しい20代コンテスト」がどんなコンテストなのか紹介してください。

是永:すごく珍しいコンテストだと思います。オスカープロモーションでは「全日本国民的美少女コンテスト」も毎年開催されていますが、過去には剛力彩芽さんが9歳で応募されていたり、すごく参加者も若い方が多いんです。でもこのコンテストは20代の女性が対象で、当時大学生だったわたしでもよし!って気軽にチャレンジすることができたんです。誰もがチャンスをつかむ可能性のある素晴らしいコンテストだと思います。

—— 是永さんがグランプリをとる決め手になったポイントは何だったと思いますか?

是永:やっぱり空手をやっていたことが大きかったと思います。小学校6年生の時からはじめたんですけど、自分の強みになると思って、第一次オーディションの時に思い切ってアピールしたんです。今回応募される人も自分の強みをひとつ持ってアピールするとすごくいいんじゃないかなって思います。それが個性として大きな評価の対象になると思うんです。あと、作り過ぎず、そのままの素の自分を出すことも大切だと感じました。作った自分はやっぱり見抜かれてしまうと思うんです。肩の力を抜いて元気一杯の自分を見せることが大切だと思います。

—— グランプリをとって出身地の九州から東京に上京。その後の生活は変わりましたか?

是永:もちろん。グランプリをとって事務所に入った頃はまだ心の中でどこか半信半疑な部分もあったんです。綺麗な人、実力のある人がたくさん所属していて、この中でやっていけるかなって。でも、ひとまずは東京に行ければいいかなって思いで上京したんですけど、今すごく充実した日々を送れていると思います。

—— 現在は芸能活動をしながらレッスンも受けて頑張っていると聞きました。

是永:目標は演技力のある女優さんになること。同じ「20代コンテスト」で賞に上がったコンテストの仲間たちも今、一緒にレッスンを受けていて、いいライバルでもありいい友達でもあるんです。

—— 演技の勉強は難しいですか?

是永:難しいですね(笑)ドラマに出させていただいた時もまだまだ全然ダメだって思ったんです。気持ちを演技に乗せるのが本当に難しいなって。仕上がったものを見て「なにこの棒読み」って。家に大きな鏡があるのでその前で表情筋を動かしたりして、滑舌の練習をしたり自分でも工夫しながら勉強しています。

—— 健康のためのトレーニングなんかもしたりしているんですか?

是永:はい。家では逆立ちをしたりしています。実家ではよくやっていたんです。お父さんやお姉ちゃんと競争したり。その時に健康にいいって聞いたのでそれを東京でも続けているんです。

—— 東京の生活で今ハマっていることはなんですか?

是永:かき氷巡りです。食べ歩いてひと店舗でふたつはあたり前。それでちょっと太ってしまったかもしれないですけど(笑)おすすめは品川にあるかき氷屋さんで甘味処「いちょうの木」です。そこが一番好きで、通っているんです。食べていると味がどんどん変わっていくんです。ピスタチオとかラムレーズンとかブルーチーズとか、あとすいかのフレーバーなんかもあってどれもクリーミー。インスタグラムで写真を見るだけで行きたくなってしまいます。かき氷がケーキより好きかもしれないです。かき氷はもう好きすぎて機械も買って家でも作っているほどです。「とろ雪」ってかき氷の機械を買ったんですけど、そのふわふわ具合に感動しています。

—— 料理も好きだと聞きました。

是永:はい。今、炊飯器を使った料理にハマっているんです。「豚の軟骨の煮込み」とか(笑)すぐ簡単にできちゃうんです。料理は他にも角煮も作りますし、里芋と青のりを混ぜてかき揚げを作ったりもします。

—— 今後女優としてやっていく上で目標にしている女優さんを教えてください。

是永:天海祐希さんが好きです。かっこいい感じで、天海さんが出演していた『BOSS』(フジテレビ系 2011年)も世代でよく見ていたんです。あとは上戸彩さん。『絶対零度』(フジテレビ系 2010年)が好きだったんです。長澤まさみさんも演技力があって憧れています。武井咲さんのドラマの撮影も見学させてもらったんですけど、目力の強さにすごく刺激を受けました。そんな偉大な先輩たちに追いつけるよう、わたしも演技の勉強を頑張ります。皆さん応援してください。
(撮影・インタビュー:名鹿祥史)

関連記事

ページ上部へ戻る