氷川きよし「勝負の花道」プレミアム握手会はたっぷり4時間!濃密なふれあいの時間

氷川きよしが、4月20日に東京・シダックス カルチャーホールにて最新シングル「勝負の花道」の購入者イベントとなるプレミアム握手会を開催した。

「勝負の花道」は、氷川が全世代に贈る“王道の応援歌”として大ヒット中。また、氷川は4月1日より放送を開始したフジテレビ系新テレビアニメ『ゲゲゲの鬼太郎』(毎週日曜午前9時~9時30分)でおなじみのオープニング曲「ゲゲゲの鬼太郎」を歌唱しており、放送開始日にあわせて同曲のテレビサイズを配信シングルとしてリリースしている。この日は新曲「勝負の花道」を購入・応募した全国約20,000名の中から抽選で選ばれた、東京会場分300名のファンが参加した。

ボーダー柄のスーツ姿で登場した氷川は「今日はお忙しい中、氷川きよしの新曲『勝負の花道』の応募イベントにお集まりいただきまして、本当に皆さんありがとうございます。短い時間ですけれども、楽しいひと時を過ごさせていただきたいと思います」と挨拶。司会の西寄ひがしより“春”について話をふられると、上京したばかりの頃を回想して「東京に知り合いもいないですし、右も左も分からない場所だったので、師匠の水森先生だけを頼って東京に出てきましたけど、家族3人で撮影した写真を大事にしてずっと飾ってました」と振り返り、「18歳の時に買ったちゃぶ台をいまだに持っていて、原点を思い出させてもらえてとても大切にしています」と明かした。また、花見について話が及ぶと、「今年生まれてはじめて、お花見というか、桜があるところで食事をしたりしてみました。40年生きててよかった」と笑ってみせた。

「ゲゲゲの鬼太郎」の主題歌については「『ドラゴンボール超』に引き続き、自分の好きなアニメ2曲、両方とも本当に大好きなアニメだったので、本当に嬉しかったです」と喜びを語ると、「20周年に向けて一つの型にとらわれずに、自分の好きな音楽というものをやっていけたらいいなと思っています。皆さんに喜んでいただけるような演歌もしかり、枠から飛び出していくことも大切かと思うので、挑戦もしていきたいと思います」と意気込みを続けた。その後は「ちょっと歌わせていただきたいと思うんですが、今皆さんに応援をしていただいております『勝負の花道』をお聴きください。どうぞご一緒に!」と急遽、予定になかった新曲「勝負の花道」を歌唱するなどプレミアムなステージを展開した。

現在「氷川きよしコンサートツアー2018」を全国各地で公演中の氷川きよし。10月には東京・明治座にて1か月間の座長公演を予定しており「今度は初めて旅役者の役で、この前写真を撮ったんですが、いろいろな写真を撮ったので早く皆さんにお見せしたいです。また『ねずみ小僧』とは違った主人公になっていて、ストーリーも楽しそうで今までとは違う自分を見せられると思います。みなさんにまた新鮮な氷川きよしの世界を楽しんでいただけるのではないかと思ってワクワクしています。精一杯努めさせていただきたいと思います」とファンの期待を膨らませる。

そして最後に「皆さん今日は本当にありがとうございます。平日なのにお忙しいところ、お時間を頂戴しまして。日頃から氷川きよしの歌を聴いてくださって、応援をしてくださって、心から感謝の気持ちでいっぱいですし、これからも皆さんにいろんな歌をお届けできるように努力と精進をしてまいりたいと思います。引き続き氷川きよしをよろしくお願い致します」と感謝の言葉を述べると、「後ほど皆さんと握手させていただくのをすごく楽しみにしておりますのでよろしくお願いします」とメッセージを送り、握手会への準備に向かった。握手会はファン100名ずつ、3回に分けた合計300名と実施。ひとり10秒間以上じっくりと時間をかけ、延べ4時間をかけた濃密なふれあいの時間となった。(ジェイタメ編集部)

≪Official Site≫
http://columbia.jp/hikawa/

≪YouTube≫
氷川きよし「勝負の花道」ミュージック・ビデオ