宮下草薙の宮下、解散願望を否定!草薙「やめたくなったら言って、そしたらおもちゃ屋やろう」

人気若手お笑いコンビ・宮下草薙がパーソナリティを務める特別番組『宮下草薙の60分』が8日夜放送された。

この特番は1月にスタートしたレギュラー番組『宮下草薙の15分』のスピンオフ特番。「15分以上喋るとお互い喧嘩になるのでちょうど良かった」(草薙)と“名言”を残して15分の番組をスタートした宮下草薙の二人だったが、スタートからわずか1ヶ月で60分の生放送特番を任されることになった。

生放送スタートの午後6時の時報が鳴ると、「始まっちゃいましたね」(宮下)、「誰が生でやろうって言ったんだよ」(草薙)、「お前だよ(笑)お前が格好つけて言ったんだよ」(宮下)、「『生だろ!』って大阪で蕎麦食いながら言ったんだよな(笑)」(草薙)などと、“安定の”ネガティブな会話からスタート。そしてわずか5分で、「…今、何分?」(草薙)、「今…5分しか経ってない」(宮下)、「何か話したいことある?」(草薙)、「お前が生がいいって言ったんだよ」(草薙)、「そう、俺が言ったよ。止めて、それは」(草薙)、「俺はできるの?って聞いたの。そしたらできるよって言ったの」(宮下)などと、こちらも“安定の”口喧嘩に発展した。

番組は、文化放送の先輩パーソナリティの大竹まこと、アンタッチャブル柴田英嗣、野村くにまるの3人に加え、リスナーから出題されたトークテーマを基に進行。中でも野村くにまるから出されたトークテーマ「やってらんないよ」では、先月テレビ朝日系で放送された『アメトーーク!』での宮下の「一度解散して、ゼロからピンでやりたくなってる」発言が話題に。草薙が「『アメトーーク!』で宮下が解散って言ったよね」と切り出すと、宮下は「オレめちゃめちゃ元気よ。あれもねえ、別に、思ってないですから」とさらっと反応。「あれをすごく心配されて。最近、周りから『大丈夫なの?コンビ仲』とか、『相方すごく悩んでるねえ』とか。どうなの?悩んでるの?」(草薙)、「悩んでないよそんな、あはは」(宮下)、「オレはびっくりした。そんなこと言うなんて思ってなかったから。俺は全部知ってると思ってたのに、お前のこと。知らない話しか出てこなかったから、あの日(笑)」(草薙)、「したいと思ってないし、全く」(宮下)、「仲良くやろうよ」(草薙)、「解散したいと思ってたらこんな60分なんてやらない」(宮下)などとやり取りが続き、最後は、草薙から「やめたくなったら言って。やめたくなたらやめよう、二人で。…(中略)…ほんとにきつくなったら言ってね。そしたらおもちゃ屋やろう」と、コンビ愛が垣間見られるコメントが飛び出した。

【レギュラー番組概要】 
■タイトル:『宮下草薙の15分』
■放送日時:月曜26時45分~27時00分(火曜午前2時45分~3時00分)
■パーソナリティ:宮下草薙(宮下兼史鷹、草薙航基)
■Twitter:@miyakusa15fun (推奨ハッシュタグ #宮下草薙の15分)
■ポッドキャスト:http://www.joqr.co.jp/mk_pod/ ※毎週、本放送の翌日(火曜)13時00分配信予定