話題沸騰中の胸キュンドラマ『恋つづ』に青木さやかがゲスト出演

(C)TBS

TBSで毎週火曜よる10時から放送中の火曜ドラマ『恋はつづくよどこまでも』。原作は小学館「プチコミック」で掲載されていた円城寺マキによる同名漫画で、女性を中心に圧倒的な支持を得ている大人気の胸キュンラブストーリーだ。

ある日、偶然起きた出来事で運命の男性となる医師と出会った主人公・佐倉七瀬(上白石萌音)。それから5年、彼を追い看護師となった七瀬は、憧れのドクター・天堂浬(佐藤健)とついに再会する。しかし・・・天堂は七瀬が思い描いていた人物とはまるで別人だった! 周囲から「魔王」と恐れられている超ドSな天堂に憤慨しつつも、それでも好きな気持ちは変わらず仕事に恋にまっすぐな七瀬は、その根性で次々に起こる困難に食らいついていく。その姿は、まさに「勇者」。そんな七瀬を思わず応援したくなる、見ていて元気が出てくるストーリーである。

今夜10時から放送の第3話に青木さやかがゲスト出演することが決定した。青木が演じるのは、七瀬と天堂が勤める日浦総合病院に入院中の患者・巣鴨の妻・朋美。朋美は夫が入院したことでパートを増やし、無理をしながらも献身的に病院に訪れている。しかし、検査の数値が悪くなかなか退院できない夫は、イライラを隠せずに朋美に対して強く当たってしまう・・・。 タレントとしてのみならず、女優としても多くの舞台やドラマで活躍している青木。今作での夫を献身的に支える妻役に注目してほしい。

そして、『恋つづ』はいまSNSなどで話題沸騰中。「冬ドラマ」検索急上昇ランキングでは1位に選ばれるなど、注目度が高まっている。

SNSでは「今期一番の胸きゅんドラマ!」「1日疲れたなぁと思った時に軽い気持ちで楽しく見られる」といった感想が呟かれ、第2話では佐藤演じる医師・天堂のセリフ「お前は・・・天堂担だろ?」がトレンド入りを果たすなど、大きな盛り上がりを見せた。

果たして第3話では天堂から胸きゅんな甘いセリフは飛び出すのか? そして七瀬と天堂の恋は進展するのか・・・!? 今夜10時放送の『恋つづ』第3話に注目だ。

<青木さやかコメント> 実際に入院したとき、看護師さんのあたたかさに癒されますよね。上白石さんに撮影現場で初めてお会いして、その時のことを思い出しました。癒されて撮影現場から帰らせていただきました。上白石ファンとして七瀬の恋がうまくいくように応援しています(笑)。
私自身は、長期入院中の旦那さんがいる妻を演じさせていただきました。心配もありつつ支えようと頑張りながらも、日常に追われ限界がきたらこの奥さんはどうなるだろう・・・心身が疲弊するだろう・・・と悲しくなりました。夫婦の行く末も楽しみにご覧いただけましたらうれしいです。 そして、久しぶりにお会いした佐藤健くんは、やはり王子様でありました・・・。
ドラマを心待ちにしている10歳の娘と一緒にオンエアを楽しみにしております。皆さま、ぜひ、ご覧ください! 恋したくなりますよ〜(笑)。

■第3話あらすじ
佐倉七瀬(上白石萌音)が倒れたと聞き、七瀬の家に見舞いにきた来生晃一(毎熊克哉)と、七瀬の部屋に忘れ物を取りに来た天堂浬(佐藤健)が鉢合わせ、その状況に七瀬は動揺を隠せずにいた。来生は自分が七瀬を看病するからと天堂に帰っていいと促すも、なんと七瀬は部屋で天堂と一晩二人きりに・・・。
翌朝、目が覚めると天堂の姿はなく、病院ではいつも通り天堂に厳しく指導される日々が始まる。しかし天堂を意識してか、七瀬は得意なはずの注射の針刺しを入院患者の巣鴨をはじめ立て続けに針刺しに失敗してしまう。患者からの目も同僚からの目も厳しくなる中、天堂には研修医時代を一緒に過ごした恋人がいたという過去を知り・・・。複雑な思いを隠しきれない七瀬だが、一人前の看護師として認めてもらうため注射の練習を始めると、来生が腕を貸し練習台に。研修医時代に天堂と仲が良かった来生から当時の様子を聞いた七瀬は・・・。
一方、仁志琉星(渡邊圭祐)は映画館で出会って一目ぼれした流子(香里奈)と院内で再会するが、仁志の上司である結城沙世子(片瀬那奈)と流子が犬猿の仲だったことが発覚!? 仁志の恋の行方に暗雲が立ち込め・・・。

■番組概要
[タイトル]火曜ドラマ『恋はつづくよどこまでも』
[放送日時]毎週火曜よる10:00〜10:57
*提供画像 ©TBS