塩野瑛久 初対面では「怖いヤツ」ところが「意外と気さくに喋るヤツ」だった

俳優の塩野瑛久が主演を務める舞台「DECADANCE」~太陽の子~が、24日港区のEX THEATER ROPPONGIで開幕となり、塩野と出演者の長妻怜央、猪野広樹、小南光司、白本彩奈が囲み取材に応じた。

舞台「DECADANCE」~太陽の子~は、作・演出・プロデュースの⻄田⼤輔による、魔⼥伝説のルーツを探る少年たちの冒険物語。

塩野は「誰一人欠けることなく初日を迎えられよかった、本当に暖かいカンパニーで、みんなそれぞれの良さを引き出してくれている」と自信のコメント。

また、塩野の印象を聞かれ猪野から「瑛久は顔合わせの時、絶対怖い奴だと思った」と明かされ他の共演者からも「確かに」の声。だが「意外に気さくに喋ってくれたんで……座長感ないと本人言ってますが、意外と……まぁ~あるな」と褒められていた。

また、小南から「4人の中で一番いい身体してるのは塩野君」と明かされ、そのことについて白本は「すごい鍛えてたし、野菜しか食べてなかった」と言い、長妻からは「私生活が謎なんだ」とコメントされていた。