カズレーザー 仮想通貨による損失について「トントンですね」

10日、千葉県千葉市の幕張メッセで開催された「ニコニコ闘会議」にて、スマートホンRPGゲーム『23/7 トゥエンティ スリー セブン』のスペシャルイベントが行われ、ゲストとしてお笑いコンビ・メイプル超合金の安藤なつとカズレーザーが登壇した。

ゲーム中でキャラクターが使用している武器を持ちながら登場した2人だが、いきなりカズレーザーが「邪魔なんで降ろしますね」と床に置き、MCとして登壇していた、お笑いコンビ・アメリカザリガニ(柳原哲也・平井善之)に「お前持っとけよ!」とツッコミを受ける。

ゲームの内容が、「時間を操作する現代ファンタジーRPG」ということで、もし「時間を戻れたらやり直したいことは?」という質問に安藤は「何年まで生きられるか知りたい。そうすればダイエットとかで改善できるかもしれないから」と答えた。一方カズレーザーは「2週間ぐらい前の自分のところに行って『ちょっと仮想通貨控えた方がいいよって』話がしたいですね」と明かし笑いを誘う。なお、仮想通貨による損失については「トントンですね…」と話していた。

また、間近に迫ったバレンタインデーの話題になると安藤は「(小学校の時に)チョコレートを渡した相手のお母さんが、ホワイトデーに私に直接持ってきたというのが悲しかった。いい思い出はないです」とコメント。カズレーザーは「見ず知らずの人からもらったものなんて食べたくないですよ。いやいや、要らなくないですか? 自分で買う方がいいでしょ」と語った。(斎藤雅道)

関連記事

ページ上部へ戻る