トレンディエンジェルが小学生にイケメンすぎる神対応

小学生から圧倒的な人気を誇るトレンディエンジェルが11日、『トレンディエンジェルのハゲラッチョ かん字ドリル』(宝島社)の刊行記念握手&撮影会を東京・ブックファースト新宿店で開いた。トレエンは同書で、小学校1年生と2年生に向けた例文を考案。言語学者の金田一秀穂氏が監修を務めた。

新学習指導要領に対応した例文はどれも、ユーモアたっぷり。“心”では、「さいとうさんは 心を こめて 『ありが頭皮。』と 言う」や「さいとうさんは もてない たかしが 心配です」など、小学生好みの文がズラリ。斎藤司は、“子”の「はげの 人が すきな 女子は 多いよ」がお気に入り。たかしは、“首”の「さいとうさんの 首に たかしが キスを した」が好きらしい。本書には、斎藤とたかしのオリジナルシールも付いており、書き順も書きながら覚えられる。“さいとうさんとたかしが考えた 日本一ゆかいな例文”という企画意図がしっかり反映されている。

「子どもはハゲが好きということで作りました」と斎藤が言えば、たかしは、「打倒『火花』(※ピース・又吉直樹の芥川賞受賞作品)です!」と気合い満点。昨年、累計売り上げが220万部を突破した大ベストセラーシリーズ『うんこかん字ドリル』(文響社)と類似しているが、「うんこ…ドリル…?」と斎藤はおとぼけ。パクリではなく、「オマージュです」と芸人ならではのすかし術で逃げ切った。

囲み取材を終えると、トレエンファンの小学生と握手と撮影。およそ2か月後、第一子となる女児が産まれる予定の斎藤は、子どもにデレデレ。入室と同時に全員に、「寒いところ待ってもらってごめんね」と声をかけることを忘れず。2人の似顔絵を画用紙に書いてきた女の子には、「ありがとう。うれしい」と喜びながら、「ハゲは好き?」と質問。はっきり「嫌い」と返されるも、「でも、斎藤さんは好き」と告白されると、目じりを下げた。

ほかの子どもには、「勉強は好き?」と質問したり、スマホを手にして撮るお母さんには、「一緒に入ったらどうですか?」と声をかけてあげたり。プロモーションのために制作されたTシャツを引っぱっての“斎藤さんだぞっ!”ポーズを一緒に決めるなどして、子どもたちをとことん喜ばせた。

「勉強嫌いのお子さんをお持ちのお父さま、お母さま。もしかしたらこれが、勉強するきっかけになるかもしれません。もしよかったらこれで、様子を見てはいかがでしょうか」とPR。子どもには超イケメンすぎる神対応の2人。ハゲてもモテることを証明してみせた。(伊藤雅奈子)

関連記事

ページ上部へ戻る