イケメン達のドラマ「田園ボーイズ」神回第3話のゲストキャストが解禁!

人気2.5次元俳優×新進気鋭の脚本家軍団が織りなす、青春サクセスストーリー!? 1月クールの連続テレビドラマ「田園ボーイズ」の放送が始まり好調だ。今回、神回必至の第3話のゲストキャストを解禁された。

解禁されたゲストキャストは、主演の有澤樟太郎や伊万里有とも盟友であり現在公演中のミュージカル『刀剣乱舞』 歌合 乱舞狂乱でも共演を果たしている鳥越裕貴や、ライブ・スペクタクル『NARUTO-ナルト-』〜暁の調べ〜での好演も記憶に新しい君沢ユウキが歌舞伎町の人気ホスト役で出演する。人気2.5次元作品で共演経験が多い彼らが息の合った掛け合いで作品を盛り上げていく。

<その他のイケメン記事>

また、『Popteen』のメンズモデルとして活躍中の那須泰斗も歌舞伎町のホスト役で出演。難しい役どころを体当たりで演じている。

本作は、ミュージカル『刀剣乱舞』や舞台「どろろ」などで人気を放つ有澤樟太郎が主演のシンジを務める。共演には有澤と同じくミュージカル『刀剣乱舞』や舞台「機動戦士ガンダムOO-破壊による再生-」に出演する伊万里有がカタオカ役。ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」 、舞台「僕のヒーローアカデミア The “Ultra” Stage」の田中尚輝がヤスオ役など、2.5次元の舞台を中心に活躍する若手俳優が集結。そして、主演した「岬の兄妹」の熱演で高い評価を得た松浦祐也がジロウ役を演じ、若手俳優3人の精神的な支柱となり撮影現場を盛り上げた。

このオリジナルストーリーを作り上げたのは舞台を中心に人気作品を手掛けているクリエイター達。企画協力には上田誠が主宰するヨーロッパ企画。構成には劇団【男肉 du Soleil】の団長・池浦さだ夢。

脚本はヨーロッパ企画の大歳倫弘、「猫侍」シリーズを手掛けた黒木久勝らが参加。更にメイン監督として、林遣都が主演した映画「チェリーボーイズ」でメガホンを取り、こじらせ男子たちを瑞々しく描いた西海謙一郎が担当している。

ドラマ「田園ボーイズ」は2020年1月より、テレビ神奈川、TOKYO MXなど全国12局で絶賛放送中。

<コメント>

【鳥越裕貴】
皆様、初めまして
教育係のアラン役、鳥越裕貴です。
教育係としてしっかりしごかせて頂きました。
新宿、歌舞伎町の目まぐるしいホスト社会の中で生き残ろうと必死になっているホスト達をご覧下さい。
アランにはアランなりの葛藤があったりと
ホストの方、1人1人に沢山のストーリーがあると思います。
実際のホストの方々も入ってのシーンは迫力があると思います。
どうぞ、お楽しみに!

【君沢ユウキ】
歌舞伎町No.1ホスト龍一役は、シンジ達にとって、ホスト業界の現実を見せつける存在。
果てしなくムカつくけど、ある意味プロであり、まだ届かない脅威でありたいと思って演じさせてもらいました。
有澤くん、色々仕掛けてごめんね笑
龍一と出会った彼らが今後どう成長してゆこうとするのか、僕も楽しみにしています。

【那須泰斗】
今回歌舞伎町の新人ホスト役をさせて頂きました、那須泰斗です!
撮影時はホストクラブのメンバーが勢揃いするシーンで
とても緊張しましたが、自分らしい演技ができ、とても良い経験になりました!!
自分自身もオンエアが楽しみなので、色んな方にも見て頂けると嬉しいです!

<第3話あらすじ>
ホストクラブ開店を目指すシンジ(有澤樟太郎)とジロウ(松浦祐也)。なかなか自分たちの事を認めてくれないカタオカ(伊万里有)に褒めてもらおうと、ジロウが見つけた体験ホストのバイトに行ってみる事に。新宿・歌舞伎町にあるそのホストクラブに着いて早々オーナーの龍一(君沢ユウキ)からの激が飛ぶ。シンジ達の想像よりも遥かに厳しい世界。そして、シンジ達の教育係としてアラン(鳥越裕貴)に更に厳しく指導される。はたしてシンジ達は立派にホストデビューが出来るのか!?

(C)2020「田園ボーイズ」製作委員会