13日放送『2020HBCカップジャンプ』に山田裕貴がゲスト出演

TBSが1月13日(月・祝)午後2時55分から『2020HBCカップジャンプ』を放送。札幌・大倉山ジャンプ競技場で行われる「第62回HBCカップジャンプ競技会」を中継する。

1959年の第1回開催以降、長い歴史の中で数多くの名ジャンパーを輩出したこの大会。特に髙梨沙羅選手、小林陵侑選手は、HBCカップで記憶に残る大ジャンプを見せ、その後世界に羽ばたいていった。そんな二人に続く日本の次世代エースはいったい誰なのか!? 番組では一発勝負の緊張感と、スキージャンプの迫力をたっぷりとお届けする。

今回、番組に注目の若手俳優・山田裕貴のゲスト出演が決定した。話題のドラマや映画に次々と出演している最旬の演技派俳優の一人である山田。そんな彼は今年6月19日(金)に公開される田中圭主演の映画「ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~」に出演する。日本中が歓喜に沸いた、1998年長野五輪スキージャンプ・ラージヒル団体悲願の金メダル。この栄光を陰で支えたテストジャンパーたちの知られざる物語を映画化。山田は本作でテストジャンパー役を演じることから、『2020HBCカップジャンプ』へのゲスト出演が実現した。ジャンプ競技を見るのは初めてという山田は「本物を感じ、本物に近づけるよう」と意気込む。

長野五輪での岡部孝信、斎藤浩哉、原田雅彦、船木和喜による“涙の金メダル”の陰には、猛吹雪の中で次々とジャンプを成功させ、中断した競技を再開へこぎつけた25人のテストジャンパーの存在があった。

映画では主演の田中圭がリレハンメル五輪に日本代表として出場するも、長野五輪ではテストジャンパーにまわった西方仁也を、山田は同じテストジャンパーの一人で、聴覚障害のある高橋竜二を演じる(※テストジャンパー…選手たちの競技前に、ジャンプ台に危険がないかを確かめ、競技中に雪が降った際には何度も飛んでジャンプ台の雪を踏み固めるジャンパー)。

そのほか『2020HBCカップジャンプ』には、長野五輪の「当事者」が出演者としてそろう。解説を務めるのは原田雅彦氏(現・雪印メグミルクスキー部監督)。さらにゲストとして、西方仁也氏の出演も決定した。長野五輪の光と影を知る二人とともに、世界を見据えるジャンパーたちの熱戦を伝える。

<山田裕貴コメント>
百聞は一見にしかずと言いますが、聞くのと見るのとでは感じるすべてのモノが違うと思います。本物を感じ、本物に近づけるよう、生のスキージャンプを見て役作りに活かせたらなと。初めて生で見るスキージャンプ、すごく楽しみです。

■「HBCカップジャンプ競技会」競技方式
国内唯一の「ノックアウト方式」でのトーナメント戦。通常は2回のジャンプの合計ポイントで順位を決めるが、この大会は対戦相手をノックアウトしながらトーナメントで勝ち上がっていくルール。

■番組概要
[番組名]『2020HBCカップジャンプ』
[放送日時]1月13日(月・祝)午後2:55~3:49
TBS系全国ネット(MRTのみ異時ネット)
*提供写真