砂川脩弥と大幡しえりが登場!仮面ライダーゼロワン×ジオウ、令和初の劇場版『仮面ライダー 令和ザ・ファースト・ジェネレーション』が公開

記念すべき令和初の仮面ライダーシリーズ劇場版『仮面ライダー 令和ザ・ファースト・ジェナレーション』(杉原輝昭監督)が12月21日(土)に公開スタート。その初日舞台挨拶が東京・新宿バルト9で行われ、『仮面ライダー ゼロワン』にテロリスト『滅亡迅雷.net』の司令塔・滅(ほろび)役で出演している俳優・砂川脩弥と『仮面ライダージオウ』でヒロイン・ツクヨミ役を演じた大幡しえりが出席した。

平成最後の仮面ライダー『仮面ライダー ジオウ』と令和初めの仮面ライダー『仮面ライダー ゼロワン』、お互いの活躍を描く本作のテーマは「…夢を忘れず、戦え」。

人工知能搭載ロボ・ヒューマギアに支配されている世界での戦いを通じて、ゼロワン誕生に隠された秘密も明かされる。

砂川は『(押田岳演じる)ゲイツと刀を使ったアクションをしたのですが、その前にゲイツの蹴りを見たらすごい蹴りしていて。僕らはすごい人間を敵にまわしてるんだなって思いました。すごいいい蹴りでした!』と本作の印象を笑顔で語った。

『普段とは違う衣装で、そこも(みなさんに』見せることができてよかったです。よかったですか?』と客席に問いかけると観客からは大きな拍手が。

大幡は『今回初めてビンタをしたんですけど、記憶がないときの高校生のときと記憶が戻った後の状態と2回ビンタをしたので、記憶がなくても体に染み付いている何かを感じ取りながら全力でビンタをしました』と撮影のエピソードを話すと会場は笑いに包まれた。

最後に『今回記念的な映画を監督させていただくということで、結構な熱量で現場に挑んだのに、キャストのみんなの熱量の方がすごくて。これをどう映像にしようか、悩みました。みんなの思いをわずか90分に詰め込む作業が大変でしたね。テレビシリーズではやってないこと、テレビのスケールではできないことを映画の映像にしました』と作品への思いを語った杉原監督。

そんなキャスト全員の熱い思いが詰まった令和仮面ライダーシリーズ劇場版第1作目での砂川と大幡の演技にぜひ注目したい。

<映画情報>
『仮面ライダー 令和ザ・ファースト・ジェナレーション』
12月21日(土)より全国ロードショー
(C)「ゼロワン&ジオウ」制作委員会(C)石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映

<番組情報>
『仮面ライダー ゼロワン』
2019年9月01日(日)放送スタート
【毎週日曜】午前9:00~9:30放送