ココリコ・田中直樹 トークイベントで大好きなサメについて熱く語る

21日、“ナショジオ オープンキャンパス~明日の地球を守るプロジェクト~”がスタートし、早稲田大学でプロジェクトの第一弾として、生き物や海洋プラスチックなど地球環境の今について楽しみながら学ぶトークイベント“ナショジオ オープンキャンパス”ココリコ田中直樹の「動物・環境これ知ってた!?」を開催した。

この共同プロジェクトは、各社で温室効果ガス削減及び持続可能な資源利用等に関する環境関連イベントの開催、情報発信に加え、「ゼロエミッション東京」の実現に向けた環境保護活動の取り組みを実施する。

共同プロジェクト第一弾となるトークイベント“ナショジオ オープンキャンパス”ココリコ 田中の「動物・環境これ知ってた!?」は約600名の東京都民と早稲田大学生などを招待して開催された

冒頭に小池東京都知事が本日の特別校長先生としてご挨拶。その後、芸能界随一の動物好きとしても知られているココリコ田中が一番好きな動物であるサメの特徴や好きな理由について熱く語り、○×クイズを出題し、回答理由を観客に聞いて回るなどコミュニケーションをはかりながら楽しく学んだ。加えて、恩賜上野動物園飼育展示課の鈴木仁さんが、ジャイアントパンダ「シャンシャン」の成長について紹介。子どもを口に挟んで移動させる様子をぬいぐるみを用いて、観客から選ばれた子どもたちが体験。その後、ナショジオで放送された番組映像を通じて、大自然の中での動物の生態について楽しく学んだ。また、国連から今年 5 月に発表された、今後数十年以内に100万種以上の動植物が絶滅するおそれがあり、それは 6600万年前の恐竜絶滅以来の大量絶滅となる、という状況を伝え、早稲田大学の岩井雪乃准教授からは「野生動物と人間の共生」をテーマに解説。私たちの日常生活が原因で発生している大きな環境破壊の一つ「地球温暖化」やプラスチックゴミが引き起こしている問題について学び、「ゼロエミッション東京」の実現に向け、自分たちが出来ることがないかそれぞれが考える機会となった。