「Re:Complex 2nd Anniversary LIVE」をCOOL JAPAN PARK OSAKA WWホールで開催

『関西発!才能発掘TV マンモスター+』(MBS 毎週水曜日:25:59~放送)から誕生したダンス&ヴォーカルグループが『Re:Complex』。2020年3月18日(水)には、ファースト・アルバムの発売が決定し、ますます絶好調の彼らが、12月15日(日)にCOOL JAPAN PARK OSAKA WWホールにて『Re:Complex 2nd Anniversary LIVE』を行った。

会場は数多くのファンが来場し、ライブ前から熱気に包まれた。そして時計が時を刻む音が響くと、オーディション当時の映像や初ワンマンライブ、ユニット名決定の瞬間など、これまでの歴史を振り返る映像が流され、オープニングチューンの『One & Only』へ。メンバーが姿を現すと、会場からは歓声が上がる。「叶えたい明日への道」「何度でも歩き出そう」と歌うこの曲は、メンバーたちの強い気持ちがしっかりと伝わるナンバー。続く『Wake Up The STAR』も全員でのパフォーマンスを魅せた。

MCでは、当日昼間に行われた第一部について、メンバーの個性が見える演出で、カバー曲を披露したことなどを報告。「第二部も最高に楽しんでいきましょう!」と会場に呼びかける。続いての自己紹介では、一発ギャグ(?)を披露するメンバーもいるなど、会場から笑いがもれるシーンも。そしてオープニングの衣装がデビューシングルであり、今日のオープニングチューンでもあった『One & only』の衣装であることを明かされると、メンバー同士も口々に「懐かしい」と笑顔を見せます。さらにオープニングのVTRについて、男子メンバーからオーディション当時の超レアなエピソードも披露された。

続いては雰囲気をガラリと変えた『レイトショウ』、『We’re gonna make it』、『VERY GO』と続きます。黒をベースにした衣装に身を包んだメンバーたちは、妖しい魅力を感じさせたかと思えば、迫力あるダンスで会場を圧倒するなど、圧巻のパフォーマンスを見せつけた。

新曲を披露では。大きなスケール感でポジティブに背中を押してくれる曲『1st Flag』を男子メンバーが聴かせると、女子メンバーも前を向いて新たな一歩を踏み出していくナンバー『color』を力強く歌い上げる。3曲目の新曲『Neo Gravity』でもメンバーたちはステージ狭しとパワフルなパフォーマンスを繰り広げた。MCでは2020年3月18日(水)にリリースされるファーストアルバムについて改めて報告。新曲はメンバーの想いがこもった楽曲になっていると説明があり、女子曲『color』の作詞は和田光平が担当したことを発表。和田は、嬉しい気持ちでいっぱいと笑顔を見せ、自分の個性を大事に自分らしく生きていこうという気持ちで書かせてもらった、この曲を聞いて一歩踏み出してみようと少しでも思ってくれたらうれしいと話した。男子曲『1st Flag』は作曲を吉田悠祐、振り付けを森下真帆が担当していることが明かされたほか、ニューアルバムは全13曲であること、特典としてこれまでのミュージックビデオはすべてブルーレイに収録されていること、さらに今日のライブの様子も収録されることが発表された。

12月で卒業する森下真帆は、ラジオ番組での公約を今日果たせたことを報告したあと、アキナの2人と自分しか持っていないというTシャツを披露。そして「2年ってすごくあっという間だなと感じています」と振り返り、たくさんの方に支えていただき、ここにいられるんだなと思いますと挨拶。改めて「メンバー、スタッフ、応援してくださる皆さん、ありがとうございます」と感謝を述べたあと、「年内はリコンプレックスとして、たくさんの愛を届けていきたいと思います」と笑顔を見せた。そして「何もなくて自分を励まそうと思って書いた曲です」と森下が紹介し、始まったのが『なんとかなるさ』。メンバー全員が笑顔で歌い、踊り、アニバーサリーライブは幕を下ろした。

2thアニバーサリーのライブを大盛り上がりで終えたメンバーたち。今年から来年にかけてはフリーライブを大阪の各所で行うほか、2020年2月7日(金)、2月14日(金)には、東京・大阪 2マンLIVE『Game of Re:Complex Jewel match』の開催が決定。もちろん、今回のライブで発表された3月21日(土)のワンマンライブにも大注目だ。