三浦翔平 2020年の⽬標は「仕事は全⼒で︕プライベートでは家族仲良くいたい」

ティファニーがクリスマスシーズンの到来を祝し、11⽉29⽇から「ティファニー@キャットストリート」にて、クリスマスキャンペーンを開始する。クリスマスキャンペーンの開始を記念して、⼀夜だけのスペシャルなパーティーを28⽇に開催し、俳優の三浦翔平や、トリンドル玲奈、鈴⽊えみ、藤⽥ニコル、BENI、佐藤晴美(Egirls)、滝沢眞規⼦、藤井サチらが駆け付け、オープンから7か⽉が経ち、初めてホリデーシーズンを迎える「ティファニー@キャットストリート」を祝った。

“ティファニーブルーを意識した”という⾐装で登場した三浦翔平は、「ティファニージュエリーは、プレゼントしたこともされたこともある」と馴染みのブランドであることを告⽩。ティファニーのクリスマスシーズンのテーマである「Tiffany&LOVE」のLOVEにちなみ「最近愛してやまないものは、寒い⽇にお⾵呂に⼊る瞬間です」と笑顔を⾒せ、「今もみなさん寒いですよね︖⼤丈夫ですか︖」と報道陣を気遣う⼀⾯もあった。また、2020年の仕事とプライベートの⽬標を聞かれると、「仕事は、控えている作品がいくつかあるので、それに向けて全⼒に頑張りたい。プライベートでは家族仲良くいられるようにしたいです」と抱負を語った。

「アメリカ⼈の⽗がいつも⼤きなチキンを作ってくれました」とクリスマスに関するご⾃⾝のエピソードを語ってくれたBENI。今愛してやまないものについて「猫︕家にいるときは常にそばにいます」と笑顔でコメントした。深いグリーンのドレスに⾝を包み、その後パーティーで⾏う⾃⾝のパフォーマンスについて「クリスマスモードでは今年初。ティファニーホリデーにぴったりのしっとりとしたものも披露できれば」と意気込みを語った

また、トリンドル玲奈は⽩のワンピースで登場。鈴⽊えみはティファニーブルーを意識したドレスで登場し、会場を魅了した。藤⽥ニコルはワインレッドのパンツスタイルにティファニーのブレスレッドなどを⾝につけ、笑顔を⾒せた。E-girlsの佐藤晴美は「初めて買ったハイジュエリーがティファニーでした」と、思い出深そうにコメント。モデルの滝沢眞規⼦は「ティファニージュエリーはいただくことも多く集めています。いつか⼦供たちにあげたい」と優しい表情で話した。