「ドラ恋」カップル成立!西野未姫の“本気のキス”に、MC一同が大悶絶!「過去で一番、最後キュンキュンしたかもしれない」

恋愛ドラマの共演をきっかけに恋は生まれるのかを描くオリジナル恋愛リアリティーショーの新シーズン『恋愛ドラマな恋がしたい〜Kiss to survive〜』の最終話となる第12話が、10月26日(土)夜11時より放送された。

この番組は、若手俳優が、“キスシーン”のある恋愛ドラマの撮影をしながら、“本当の恋に落ちていく”様を追いかける恋愛リアリティーショー。全12回の放送において、番組内の恋愛ドラマで各回の主役を演じられるのは、選ばれた男女1組だけ。高崎凌(以下、りょう/20歳)、西川俊介(以下、シュンスケ/25歳)、藤田富(以下、とむ/27歳)、山口大地(以下、ダイチ/31歳)、小泉遥(以下、こいはる/23歳)、後藤郁(以下、かおる/23歳)、詩島萌々(以下、もも/21歳)、西野未姫(以下、ミキ/20歳)、溝口恵(以下、めぐ/25歳)ら若手俳優の男女9名が主演の座をかけてオーディションに挑む。今回は、前シーズンと真逆の男性4名、女性5名の女性が1名多い男女構成で、ペア決めでは必ず1組が男性1名、女性2名の三角関係のペアになるという“壮絶”なルール設定となっている。

■個性豊かな3組のカップルが魅せた、演技ではない“キス”に渡辺直美「過去で一番、最後キュンキュンしたかもしれない」と絶賛

今回は、シリーズ初となった男性からの“最後の告白”の模様と、両想いになったカップルだけが出演できる台本なしの最後のドラマ“本気のキス”を放送した。いよいよ迎えた告白タイムでは、まず、シュンスケがミキに告白。「ミキちゃんの笑顔とか、元気なところ、優しいところ、すごい素敵だなと思うし、もっとミキちゃんのこと知りたいし、俺のことも知ってほしいし。最後のドラマ、俺と撮ってください」と告げるシュンスケに、ミキは、最初はお互いに友達だと思っていたと思う、と想いを語り「本当に私を女として見てくれてますか?」と、問いかけます。それに対し、「俺も最初は友達っていう感覚だったけど、“女の子”っていう目で見るようになった」と、共に主演を勝ち取ったドラマ撮影をきっかけに、意識するようになった明かし、ミキは「じゃあ、お願いします」とシュンスケの手を取った。この告白に、渡辺は「ミキも可愛いわ。“ちゃんと女の子として見てくれてるの?”って。それ使おう、今度」と、感心した様子でコメントした。その後、撮影されたシュンスケとミキの“演技ではない”2人らしいキスシーンに、MC陣は思わず立ち上がって大興奮。渡辺はあまりの胸キュンに「いい加減にしてくれぇ〜!」と絶叫。小森も「これめっちゃ羨ましい!ヤバい!」と、悶絶した。

続いて、ダイチが女性メンバーの元へ向かうが、ダイチは「「ここに来た最初の日に、僕は恋をしました。最後までつらぬこうと、心に決めていたんですけが、たくさんのことが起こっていく中で、僕の中ではその恋は完結したな、と。そういう結論に至ったので、今回告白を辞退します」と、宣言。「また別の現場で、俳優としてお会いできるのを楽しみにしています。そのために僕も精進します。本当にありがとうございました」と締め括った。そんなダイチの決断に、スタジオのMCメンバーは、「ダイチ、ありがとう!」「ダイチらしい。素晴らしい!」と、称賛の声を贈った。そして、そんなダイチの勇姿を見届けたあと、次に、動いたのはとむだった。とむは、「これからは、はるかも僕のことを役者としてではなく、一人の男として見てほしいなと思います」と、こいはるに告白。こいはるは、とむと3回ペアを組んできて、主役が取れなかったことなど、これまでの葛藤を口にしたあと、「でも、何よりやっぱりとむの存在が一番大きくて……。私も、素直な気持ちで、とむが大好きです。よろしくお願いします」と応え、カップル成立となった。とむとこいはるの“本気のキス”は、お互いの“好き”がダダ漏れの、ラブラブキスシーンとなり、MCメンバーは「キャーーー!」「アアアーーー!」と、立ち上がり地団駄を踏むほどの興奮ぶりを見せた。

そして、告白の最後には、前回の放送で、ももとめぐの2人の間で揺れる気持ちを打ち明けていたりょうが登場。MC陣が「どっち!?」と見守る中、りょうは「ももちゃんお願いします」と、ももの名前を呼んだ。りょうは「本当に優しいところと、自分の意見をしっかり持ってるところと、嬉しい時には心の底からの良い笑顔をしてくれて、悲しい時はボロボロ泣いて、そんな素直なところが僕は大好きです」と、ももに対する想いを告げ、「ももちゃんと過ごした時間は自分にとってかけがえのないものになりました。そんな時間が続けばいいなと思います。ももちゃん、大好きです」とストレートに告白。それに対し、ももは「これから、いろんなところに一緒にお出かけしたいなって思います。大好きです」と、想いを伝え、ずっとお互いを想い続けてきた2人が見事カップル成立となった。終始照れっぱなしのももと、まっすぐに想いを語るりょうの、初々しさが残る“本気のキス”に、渡辺は「サイコー!」と声を上げ、ようやく実現した、念願のりょうともものキスシーンに、MC陣一同は拍手を贈った。

それぞれの“最後の告白”、“本気のキス”を見届けた渡辺は「今回の最終回が過去で一番、最後キュンキュンしたかもしれない。“本気のキス”が」と、絶賛した。

今回、りょうとももの告白の様子、最後のドラマは「AbemaTV」の公式YouTubeにて現在公開中。https://youtu.be/ezRYnl7t3Vc

さらに番組では、いまや“ドラ恋”恒例となった、演技指導の澤田育子先生からのメッセージに、メンバーが大号泣。約3ヶ月に及ぶ撮影期間を終えた9人のメンバーは、最後に晴れやかな表情を見せ、『恋愛ドラマな恋がしたい〜Kiss to survive〜』は幕を閉じた。

渡辺が、過去シリーズで“一番のキュンキュン度”と絶賛した“本気のキス”、さらに、カップル成立とならなかったダイチ、かおる、めぐ、それぞれの想いなど、“ドラ恋”最終話は「Abemaビデオ」にて放送後7日間、視聴可能。
https://abema.tv/video/episode/90-1300_s1_p12

■『恋愛ドラマな恋がしたい〜Kiss to survive〜』番組概要
放送日程: 10月26日(土)夜11時〜
放送チャンネル:AbemaSPECIAL
恋愛ドラマな恋がしたい〜Kiss to survive〜最終回 運命の告白
番組URL: https://abema.tv/channels/abema-special/slots/F9RT6gVfjxqkZ5

MC:渡辺直美 矢野聖人 ジャルジャル・福徳秀介 GENERATIONS from EXILE TRIBE小森隼 谷まりあ 
出演者: 高崎凌 西川俊介 藤田富 山口大地 小泉遥 後藤郁 詩島萌々 西野未姫 溝口恵 (50音順)
※提供画像 (C)AbemaTV