超新星ソンジェ、自身初のアコースティックライブ開催! 島袋寛子とデュエットの披露

超新星のソンジェが28日、渋谷 WWW Xにて、2ndアルバム『ユメノカイカ~夢が夢で終わらないように~』の購入者限定ライブを開催。今作品はすべてが自身初となるセルフプロデュース楽曲で構成。ライブでも初となるアコースティックバージョンで6曲を披露。途中、アルバム収録曲「おやすみ」でデュエットした島袋寛子もスペシャルゲストとして参加しライブを盛り上げた。

約400人が見守るなかスタートし、ソンジェは「僕の歌の力が足りないかもしれませんが、大目にみてくださいね」と無邪気に語ると客席は大爆笑。さらに「一人だと不安で緊張します。はやく6人で舞台に立ちたいですが、今日は 1 人で残りの 5 人分を頑張ります」と気合を入れた。

会場は、ファンの密着度や熱気もステージに伝わり、ソンジェは「大きなステージも好きなのですが、こうしたサイズのライブハウスも、しっかりみなさんの顔が見えて大好きなんです」とライブハウスならではの観客との一体感を実感していた。

4 曲目となる「おやすみ」では、今回のアルバムでデュエットした島袋寛子が登場。「ソンジェさんには声を掛けていただきすごくうれし かったです、衣装も“おやすみ”に合わせました、アルバムも全部聞きましたよ」と話すとソンジェも嬉しそうにトークを展開し、その後はアーティスト同士の息のあったすばらしいパフォーマンスを披露。客席はこの日一番の盛り上がりをみせた。

最後に、ソンジェは「みなさんのおかげで力をもらうことができました。改めてニューアルバムのために力を貸してくれた方に感謝します。また、一緒に素敵な曲を歌っていただいたヒロさんにも感謝します」と深々と頭をさげ、「大阪、東京、名古屋、と続くイベントでもよろしくお願いします」とあいさつし終了した。(ジェイタメ編集部)

■オフィシャルホームページ http://www.choshinsei.com/

関連記事

ページ上部へ戻る