加藤浩次 個人事務所設立に言及「僕はただの取締役。代表は(妻)カオリ」

西野未姫 “心霊スポット巡り”で凍りつく「子供の声が聞こえた!」
撮影カメラに収められた音の正体とは!?極楽とんぼと心霊写真撮影に挑む

お笑いコンビ・極楽とんぼの加藤浩次と、山本圭壱による番組『極楽とんぼのタイムリミット』#6を、10月13日(日)夜10時から放送した。

今回は「心霊スポットにタイムリミット!」と題して、極楽とんぼと西野未姫が、秋の心霊ドライブツアーへ。関東近郊の有名心霊スポットを巡り、制限時間内に心霊写真の撮影に挑んだ。

移動中の車内では、加藤が「10月1日から、私はもう大手事務所じゃないですから。有限会社加藤タクシーの社長兼タレントです。有限会社加藤タクシーの社長兼タレントが、吉本(興業)さんをエージェントとして仕事の契約を結ぶというだけのこと。契約も交わしまして、今、僕はただの取締役です。代表は、(妻の)カオリなんで」と明かし、これに山本が「タクシー会社をやっているわけじゃないですよね?」と聞くと、「やってないです(笑)。タクシーは一切やってないです。うちの会社の名前が“有限会社加藤タクシー”なだけ」と、個人事務所設立について言及する場面も。

「オバケに関しては興味がある。好きなんですよ」と話す加藤は、山本とともに、ゲストの西野未姫と、女性霊媒師と合流。一同は、怪奇現象が起こるといわれている八王子霊園前の電話ボックスで写真撮影を行い、続いて、旧吹上トンネルへ。トンネルへ到着するなり、霊媒師が「小さな女の子(の霊)が出て来ていますけど、どうします?行きます?」と問いかけ、怯えまくる西野。「すごい嫌な感じがする……」と言いながらも西野と一同は、トンネルを歩いて進みます。すると「前方に霊がいる」という霊媒師の言葉を受け、加藤は、その方向に向けて写真を撮り続けた。「もう無理……」と今にも泣き出しそうな西野と霊媒師が、さらにトンネルの奥へと進んで行くと、突然「子供の声が聞こえた!」と西野が怯えきった顔で逃げ戻る。撮影カメラにも収められていたその音の正体とは!? そして、加藤が撮影したカメラに写っていたのは……。

今回、一同が訪れた禁断の心霊スポットの数々、そして移動中の車内で西野が語った“怖い話”は、見逃した番組を視聴できる「Abemaビデオ」で、放送後7日間無料で視聴できる。
https://abema.tv/video/title/90-1281

■AbemaTV 『極楽とんぼのタイムリミット』番組概要
“芸人に愛される芸人”極楽とんぼの名のもとに、人気芸人たちが勢ぞろい!SNS世代の人気タレントたちと豪華コラボレーションを行い、制限時間の中で、ネットでブレイクする“人気作・人気ゲーム”などを生み出していく番組。

#6放送:10月13日(日)
放送時間:夜10時~深夜0時
放送チャンネル:AbemaSPECIAL2
放送URL:https://abema.tv/channels/abema-special/slots/EgW2SFvv4wr7Ls

※提供画像(C)AbemaTV