和田アキ子「人生100年時代、ファン一人ひとりの笑顔をしっかり見ながら歌い続けたい」

10日、都内で「目の愛護デー」に、100歳まで眼(“ビジョン”)の健康と人生における“ビジョン”を持ち続けよう、とシニアの方々にエールを贈る眼の健康に関する啓発活動 「VISION 100」がスタートし、広報大使に任命された和田アキ子が「VISION 100」発表記者会見に出席した。

会見では、「VISION 100」を象徴する一文字を選び、和田は「楽」を書いて紹介、「人生100年時代に、歌を通して自分が楽しみ、してファンにも 楽しんでもらいたい。一人ひとりの笑顔をしっかり見ながら歌い続ける自分でありたい」と見えることの重要性と自身のビジョンについて語った。