ダチョウ倶楽部・肥後克広 大好きな「レリゴー」を熱唱

25日、都内で「Disney DELUXE 作品愛アワード 2019 Supported by JCB」結果発表イベントが行われ、ゲストにマーベルのファンというダチョウ倶楽部の3人と、多数のディズニー作品で声優を務めている山寺宏一、「アナと雪の女王」でアナ役を担当した神田沙也加が登場しディズニー作品にまつわる思い出やお気に入り作品について語った。

「Disney DELUXE 作品愛アワード2019 Supported by JCB」は、ディズニー公式エンターテイメントサービス「ディズニーデラックス」で視聴可能なディズニー、ピクサー、スター・ウォーズ、マーベルの多数の作品の中から、ファンに最も愛されているディズニー作品を決定するもの。興行成績や知名度にも左右されず、作品への「愛」という形でランク付けされる。イベントでは投票結果からトップ10を発表し、そのうちトップ3はドミノ倒しで発表された。

登壇したゲストの5名に、ディズニー映画に対する熱い愛を聞かれ、山寺は複数の声優を担当しているが特に一押しは「アラジン」と答えた。神田は小さい頃からたくさんのディズニーのアニメを見てきたが、自分の人生が変わったという意味で「アナと雪の女王」を挙げた。

ダチョウ倶楽部の肥後克広は意外にも「アナと雪の女王」を挙げ「今日は沙也加ちゃんと一緒に出れて本当に光栄です」と言い“レット・イット・ゴー”を歌うが寺門ジモンから「気持ち悪い」とつっ込まれた。寺門は「スター・ウォーズ」を挙げ、ダチョウ倶楽部もフォースで繋がっていると言い「熱湯で押すときもフォースの気持ちで(押すタイミングが)わかる」という、山寺から「すみません、フォースの無駄使い辞めてもらっていいですか」とつっ込まれ笑いを取った。上島竜兵は「キャプテン・アメリカ」を挙げ、特に「ザ・ファースト……アドベンチャー(正しくはアベンジャー)、一番最初のやつですよ」と言うが、他のゲストに左手にメモしてあるのがバレて失笑されていた。

なお、3位に「リトル・マーメイド」、2位に「美女と野獣(1991)」、1位に「アラジン(1992)」が選ばれた。