石黒賢 銀座は「今は居心地がとても良く感じます」

セイコープロスペックスの専門店「セイコープロスペックスブティック銀座」がセイコー創業の地・銀座の4丁目中央通りに2日オープンする。1日にオープン記者発表会が行われ俳優の石黒賢と、世界的工業デザイナーのKEN OKUYAMAこと奥山清行がゲストとして出席した。

石黒は、夏らしい装いで登場し「新店舗のイメージに合わせて、スマートさとアクティブなイメージで選びました」と発言し、イベント前に新店舗を見た感想として、「とても素晴らしい。コンパクトな中にストーリー性があり、昔からの懐かしさと、奥山さんのデザインによる新しさとの融合を感じます」と話した。新店舗のある銀座のイメージについては、「食事や映画で良く来ています。さすが世界の銀座で、良いものが揃っている。一方、裏通りの路地も良い。若い頃には敷居が高いと感じていたが今は居心地がとても良く感じます」と話した。

また、「夏の大人のたしなみ」というテーマでフリップに書いた言葉は、「好奇心」。石黒は、「10年前から『毎年新しいことを1つ始める』を続けている。今年は、『クラッシック』です。野外オペラや、テレビでミュージックを聞いているが、やはり、生が断然良い。良さというものは、実際に足を運ぶとよく分かります」と話していた。

関連記事

ページ上部へ戻る