廣瀬智紀、北原里英ら出演映画「HERO〜2020〜」製作決定

8月4日(日)までヒューリックホール東京にて上演中の舞台『HERO~2019夏~』が、廣瀬智紀、北原里英ら舞台版にも出演しているキャストに更に豪華キャストを加え、脚本・演出の西条みつとしの長編映画監督デビュー作、映画『HERO〜2020〜』として製作されることが決定した。2012年に初演され、好評を博した本作を新たなキャストでリメイクし、舞台と映画という2つの異なる表現方法に同じ監督と同じキャストで、再演・映画化に挑戦する意欲的プロジェクト。

西条は芸人活動を経て、放送作家、コント作家として多数のお笑い芸人の作家を務め、2012年より自身が主宰する劇団TAIYO MAGIC FILM等、多数の舞台の脚本・演出を担当。舞台だけでなく、各国で絶賛された斎藤工の初長編監督映画『blank13』や、ドラマ24の「下北沢ダイハード」及び「オー・マイ・ジャンプ~少年ジャンプが地球を救う~」などの脚本を務めた他、監督した短編映画『JURI』が、先月閉幕したSKIPシティ国際Dシネマ映画祭の国内コンペティション部門に正式出品されており、本作で満を持しての長編映画監督デビューとなる。

映画『HERO〜2020〜』は2020年初夏の公開が決定している。

脚本・監督の西条みつとしと主演の廣瀬智紀より、コメント届いた。

<西条みつとし コメント>

僕は、キャストと一緒に時間をかけて作る事が、良い作品がが出来、お客様の為になる事だと考えているので、同じキャストで舞台を経てからの映画化にしていくという流れは、僕にとっては、とても有り難い流れで、凄く感謝しかない場です。
ですので、映画版HERO、良いものが出来ると確信しています。僕自身も、本当に楽しみです。
舞台では表現しづらかった事や、映像だからこそ伝えられるものも、この作品には、沢山あると思いますので、皆さん、映画版HEROを楽しみにしていてください。

<廣瀬智紀 コメント> 
舞台で体験した物語を映画で。とても幸せで貴重なことだと思います。この「HERO」という作品は、とても繊細な心情が描かれており、映像ならではのやり方で舞台とは違ったドラマをお届けできるのではと感じています。また、中ではどうなるか全く想像がつかない部分もあったりするのでとてもワクワクしています。そして何より、舞台メンバーで臨めることが嬉しいです。ここまで築き上げた関係性と共に、また新たな感情との出会い、発見を楽しみ、みなさんとストイックに取り組んでいきたいと思います。最高の作品にします。映画「HERO」楽しみに待って頂けたら幸いです。

公式HP:https://www.mmj-pro.co.jp/hero2020/
Twitter: @HERO2019summers

関連記事

ページ上部へ戻る